自作詞の背景 「ネオ・イリュージョン」(1)

2007年12月、Heartsでのアウフヘーベンライブの模様。
「ネオ・イリュージョン」演奏時。


「浦和レッズのサポーターは世界一」・・・そう評価されることがある。Jリーグ開始から数年間、自分も地元・駒場スタジアムに通い、サポーターの熱い応援に感動していた。浦和レッズの試合のおもしろさは何よりもサポーターが演出していると言ってよく、あの雰囲気はスタジアムでなければ絶対に味わうことが出来ない。

そして同じようにこう思う・・・ 「アウフヘーベンのサポーターは世界一」 だと。アウフヘーベンのライブの熱気はバンドメンバーだけが作るものではなく、サポーターが一緒に作っている。あの雰囲気はライブハウスでなければ絶対に味わうことができない。

「ロックの力」 で観客に歌を振るのは、昔からのアウフヘーベンの売りだった。昨年10月本八幡でのライブの際、最後に 「ロックの力」 を演奏した。数年ぶりの演奏にもかかわらず、サポーターは一緒に歌い、テンションは最高に盛り上がり、バンドメンバーも感激した。

あのテンションの盛り上がりをライブの最初から作ることはできないか・・・12月の西川口でのライブを前にし、そんなことを考えていた。

ライブ当日、オープニング映像が流れ、スクリーンが上がりアウフヘーベンの演奏は開始された。2曲目、速い曲 「ネオ・イリュージョン」 。観客の反応を見ながら 「いける・・・」そう思った。

「ネオ・イリュージョン」 のサビでは ”♪ネオ・イリュージョン~” というフレーズを繰り返し歌う。自分が歌った後、続けてこの曲の作曲者でもあるベースの SAMMY が同じフレーズを歌うのだが、そのとき、マイクをサポーターに向けた。振られたサポーターは一瞬とまどったが、すかさず ”♪ネオ・イリュージョン~” と返してきた。・・・その瞬間、このライブが大成功に終わることを確信した。

ライブの打ち上げ時、「ネオ・イリュージョン」 での合唱について、サポーターのチバちゃんは笑いながら 「いきなりかよ・・・」 と話していた。恐らくすべてのサポーターはそう思ったに違いない。しかしそれでも応えてくるところがアウフヘーベンのサポーターなのだ。世界一のサポーターたるゆえんだ。

(この話続く)


「自作詞の背景」 シリーズ一覧へ


テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

| N郎♪ソング(自作詞の背景) | 07:36 | トラックバック:0コメント:8
「N郎♪商店」 ニュースダイジェスト 5/29
■6/8(日)、いよいよアウフヘーベンライブ



NAPセカンドライブも終了し、次回ライブはいよいよアウフヘーベンライブ。ロッカーN郎♪、2008年前半最大の見せ場となる。

6/8(日) 西川口・Hearts
open17:30/start18:00 adv\1500/door\1800
hibari/アウフヘーベン/RAIL/眼鏡部/Get the Cola/breed

※アウフヘーベンは4番目に出演し、20:00ごろから演奏開始予定です。


チケットご予約はN郎♪までメールもしくはメッセージでどうぞ。

前回ライブについてはキャプテンのライブレポートに詳しいのでそちらをご参照下さい。


会場となる西川口Hearts。倉庫を改造したお洒落なライブハウス。


アウフヘーベンライブに向けて気合充分のN郎♪氏

以下N郎♪氏のコメント

「今回のアウフヘーベンライブはマジで凄いです。半年間の要素が凝縮されています。ライブオープニングのプロモーション映像にもご期待下さい。Tシャツ販売もあります。アウフヘーベンのライブは次いつやるか不明確なため、絶対にお見逃しなく。ホント、マジでいいです!!」



■鎌仲ひとみ監督スウェーデンレポ

「六ヶ所村ラプソディー」の鎌仲ひとみ監督、社会のあるべきエネルギー源を模索するため、現在スウェーデン取材中。そのレポがおもしろい。『六ヶ所村ラプソディー』オフィシャルブログで是非その内容をご参照下さい。



■JASKYライブ 6/7(土)下北沢Daisy Bar

N郎♪超オススメのバンド、JASKYのライブがアウフヘーベンライブ前日の6/7(土)下北沢Daisy Barにて行われる。充電期間を経た後のJASKYのパフォーマンスに超期待。

このポスターを見ただけでもJASKYの気合が十二分に伝わってくる。カッチョいい~

N郎♪もJASKYライブに参戦予定。いっしょに参戦する人、いない?(笑)



■N郎♪商店 「株価」 動向

最後は 「株価」 動向。5/28 現在、にほんブログ村 「シンガーソングライター」部門は第1位、激戦 「音楽活動」ランキングは第3位。あらためて驚異的な持続力と分析できる。

以下、N郎♪氏のコメント

「もう~本当に皆様ありがとうございます。昨日の秋田犬ライブではオーナーから今何位?と聞かれ、堂々と1位と答えられました。これもホント皆様のおかげです。ありがとうございます!! 
これからも当ブログご訪問の際は是非クリックお願いいたします!音楽総合で更に上位を目指しましょう!!」


当ブログご訪問の際は是非クリックお願いいたします!
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

以上 5/29付ニュースダイジェストお届けいたしました。


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| 未分類 | 22:33 | トラックバック:0コメント:4
5/28 秋葉原・秋田犬 NAPセカンドライブ終了


水曜日のNAPライブ、終了いたしまいた。今回も一番最後の出演でトリでした。来ていただいたお客様、大変ありがとうございました!、常連のお客様、ありがとうございました!、対バンの皆様、またよろしくです!、オーナー、店長、秋田犬の皆様、ありがとうございました!!そしてAKさん、AKさんのお客さん、お疲れ様&ありがとうございました~!!

セットリスト

0.オープニング
1.bay far (作詞作曲 AK)
2.Fine Days Song (作詞作曲 N郎♪)
3.Wish your dream (作詞作曲 AK)
4.バンドの練習が始まる時刻を待ちながら (作詞作曲 N郎♪)
5.変わらないモノ (作詞作曲 AK)
6.時を越えたメッセージ (作詞作曲 AK)


夕方、秋葉原・電気街で路上ライブ敢行など、NAPの機動力が生かせた日でもありました。当ブログを見ているというお話も聞けて、とても嬉しかったです。最後はケンケンとSAMMYと一緒に秋葉原で呑んで酔っ払いました(笑)。Sさんも本当にありがとうございました、写真ありがとね~

次回NAPライブは同じく秋葉原・秋田犬で6月24日(火)です。今回来れなかった皆様含め、さらなるNAPライブご期待下さい!!マジで楽しいよ~

●SAMMYさんのライブレポはこちらです


【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ

今日の順位は?N郎♪商店 「株価」操作、楽しんでってね~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ




テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

| NAP活動の軌跡 | 23:59 | トラックバック:1コメント:8
サンプルCD発送開始しま~す!!
20080527-01.jpg

お待たせいたしました~。N郎♪サンプルCDが完成し、発送の準備が整いました。これまで試作品をご送付させていただいた皆様のご協力の元、内容の修正及びデザインの変更を行いました。既にお約束されている皆様には本日より発送を開始させていただきます。また、新たに希望される方はN郎♪までメールにてご一報下さい。どうぞよろしくお願いいたします!!

20080527-02.jpg

当サンプルCDの目玉収録曲として、N郎♪バラード最高傑作との呼び声が高い 「言葉と想いと夜と朝との境界で」 の2008年最新ボーカル録音版が収録されています。進化し続けるN郎♪ボーカル、お楽しみ下さい。

20080527-03.jpg
ファンサービスのリクエストに応えるN郎♪氏(笑)

以下、N郎♪氏のコメント
「ファン、サポーターほど有難いものはないです。皆様本当にありがとうございます!!これからも応援よろしくね~(笑)」


【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ

今日の順位は?N郎♪商店 「株価」操作、楽しんでってね~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| 雑談(音楽活動) | 23:59 | トラックバック:0コメント:4
5/26 NAP スタジオワーク+路上
月曜日夜、浦和コミセンにて、NAPセカンドライブに向けて最後の練習。本番に合わせ、MCを入れながら時間を計測。ちょっと持ち時間をオーバーするようなので、全体の調整を行う。

20080526-01.jpg
おなじみマックでのミーティング

練習後、いつものマックが改装工事のため、中仙道沿いのマックでミーティング。ライブ当日の集合時間や、リハーサルの打ち合わせを行う。

N郎♪&AKプロジェクト、このプロジェクトの意味は、やんちゃな若者・AKを一人前のアーティストに育て上げることなんだよね~・・・つまりお客様やサポーターの皆様を含めてのプロジェクトということで、皆様の叱咤激励がAKを育てていく、そんなプロジェクトなんだと思う。当ブログのサポーターの皆様、引き続き宜しくお願いいたします。

20080526-02.jpg
浦和駅西口、新マスコット・浦和うなこちゃんとのツーショット

ミーティング後、浦和伊勢丹前でさらりと路上ライブ。街ゆく皆様、月曜日しょっぱなからお騒がせいたしました(笑)

水曜日NAPライブ、よろしくね~!!


N郎♪&AKプロジェクト(NAP) セカンドライブ

5/28(水) 秋葉原・秋田犬
open 18:30~/start 19:00~
ticket 1000yen ( 別途 drink 500yen )

[ 出演 ]
19:00 清水嘉邦
19:35 地網大介
20:10 馬場孝幸
20:45 N郎♪&AKプロジェクト



【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ

今日の順位は?N郎♪商店 「株価」操作、楽しんでってね~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| NAP活動の軌跡 | 23:59 | トラックバック:0コメント:6
5/25 NAP スタジオワーク

N郎♪ブログ友達の女性からも人気のAK氏。
練習終了後、JR西浦和駅前にて。


日曜日夜、プラザウエストでAKとセッション。今週水曜日にせまったNAP(N郎♪&AKプロジェクト)セカンドライブの練習も大詰めに入った。

この日はライブのオープニング、そして「バンドの練習が始まる時刻を待ちながら」のエンディングに練習の熱が入った。今回の練習で水曜日のライブがかな~りおもしろいライブとなるであろうことをAKとともに確認。ファーストライブを圧倒的に凌ぐ、マジでおもしろいライブになると思う(笑)みなさまよろしくご期待下さい。

前回ライブでは電車トラブルで来れなかったアウフヘーベンベーシスト・SAMMYさんも参加予定。お客さん通しの交流もおもしろそう~。
よろしくね~


N郎♪&AKプロジェクト(NAP) セカンドライブ

5/28(水) 秋葉原・秋田犬
open 18:30~/start 19:00~
ticket 1000yen ( 別途 drink 500yen )

[ 出演 ]
19:00 清水嘉邦
19:35 地網大介
20:10 馬場孝幸
20:45 N郎♪&AKプロジェクト



【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ

今日の順位は?N郎♪商店 「株価」操作、楽しんでってね~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| NAP活動の軌跡 | 23:20 | トラックバック:0コメント:0
バンド備忘録 2008/05/24

「最近この手の写真が多いですよね・・・」 と語るキャプテン

土曜日バンドの日。バンドの前にキャプテンとバイパス沿いのファミレスで待ち合わせ、食事をしながらミーティング。KEENとアウフヘーベンの合同ライブについて模索する。10月ごろをターゲットにし、場所探しなどこれから継続して決めていきましょうと合意。キャプテンには打ち合わせ後、戸田公園のスタジオまで来ていただき、メンバーとも挨拶。ありがとうキャプテン!!



アウフヘーベンのTシャツを制作。担当のJimmyちゃんより、6/8(日)西川口ハーツでのライブまでには間に合うとのこと。上の写真がそのデザイン。表には胸にアウフの三角マーク、裏はバンドメンバーの影絵。ウルトラマンのオープニングの影絵をイメージして作ったという・・・さすがJimmyちゃん(笑)。下はその絵柄のアップ。



Tシャツは6/8(日)西川口ハーツのライブ時に販売予定で、1枚3000円。ライブに来れない方でも欲しいという方がいらっしゃれば、N郎♪までご一報下さい。

で、練習の方だが、6/8(日)のライブに向けて既に曲順などは決定しており、後は演奏力を高めることに注力。途中休憩時、うまいバンドの演奏力は一体なにが違うのかについて意見交換。
これがよかったのか、後半のテンションは高く、演奏力が高かった。「バンドの練習が始まる時刻を待ちながら」を何度も練習し、その甲斐あってステップアップ。

最後にアフヘーベンHPの更新のお知らせ。新規にHPを作成してから、ろくな更新も行わず、これまで放置状態。しかし土曜日日中にHPの内容を作成。これからアウフヘーベンの情報発信のベースとなっていく予定なので皆様よろしくね~

アウフヘーベン新HP

【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ
【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬

今日の順位は?「株価」操作、楽しんでってね~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ


テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

| ロックバンド・アウフヘーベン | 23:59 | トラックバック:1コメント:6
5/23 小岩の歌姫3 まっきーライブ♪ at 『ニュー乃里』


金曜日夜、すっかりおなじみ小岩のパブスナック『ニュー乃里』へ。これまたおなじみKさんにご挨拶し、Kさんオススメの音楽スポットの話題に花が咲く。メイト音楽学院の奥さんもいらっしゃり、ご挨拶。

ここでのまっきーライブも今回で4回目。前回ライブ後にはKさんと一緒にいろいろリクエストを出し、そのリクエストも取り入れられてのライブ。

俺のリクエスト、「イパネマの娘」、よかった!!。「イパネマの娘」に対する観客の反応もよく、ボサノバ路線、いいんじゃないかと思う。次回 「ソーナイス」 や 「プリティーワールド」なんか是非!!



ジャズの曲もよかった。最後の「オール・オブ・ミー」、そしてアンコールの曲はまっきーボーカル全開で観客も大喜び。俺も楽しかった。
K御大のお褒めの言葉。
「だいぶジャズシンガーらしくなってきた。」「随分成長した。」「(ジャズやボサノバのリクエストを練習してくる)素直さがいい。」

今回のライブは観客との対峙という点でのおもしろさもあったが、結局最後はボーカリストの実力で観客を圧倒させることが我々の使命なんだよね。

がんばれまっきー、次回さらに期待してるぜ!!


【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

| ライブ行ってきました | 23:59 | トラックバック:0コメント:2
自作詞の背景 「バンドの練習が始まる時刻を待ちながら」(3)


(前回からの続き)

この曲の中で描かれている 「彼女」 とは、当時の自分の理想の女性像であったのかもしれない・・・。

「どんなタイプの女性が好きなの?」 そう聞かれるたび、当時の自分はこう答えていた・・・「自分を女にしたような人」 まあ、簡単に言うと女版N郎♪みたいな人ということなのだが(笑)、そんな人がいたら話が合うだろうな・・・などと思っていた。

学生だったころ、デートをしたような女の子の中でも、やはり自分に感性が近い人とは話がはずみ、おもしろかった。社会のこと、世界のこと、生きていくことの意味、つつましく生活していくということ・・・

代々木のボーカル研究生だったころ、同じ研究所に通っていて、一緒に帰ったりしていた女の子がいた。 「子供ように束縛のない感性」 とは、彼女から感じた感性であり、この詞のベースとなっている。

・・・それら、今となってはすべて遠い昔の思い出話であり、歌詞で歌われているとおりだ。

人は、いつかすべてが過去になるということを知っているからこそ、今の大切さを知り、そしてそれが続くことを願うのだと思う。

「自作詞の背景」 シリーズ一覧へ



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| N郎♪ソング(自作詞の背景) | 23:53 | トラックバック:0コメント:4
「N郎♪商店」 ニュースダイジェスト 5/21
■来週水曜、秋葉原・秋田犬ライブ!!

いよいよ来週にせまったNAP(N郎♪&AKプロジェクト)セカンドライブ、練習も最終段階に突入。
水曜日行われたスタジオセッションでは、AK新曲 「Wish your dream」 (通称ビートルズ)、「時を越えたメッセージ」(通称メッセージ)中心に練習が行われ、N郎♪予定曲、現在 『自作詞の背景シリーズ』 連載中の 「バンドの練習が始まる時刻を待ちながら」、そしてライブ初公開となる 「Fain Days Song」 の演奏に熱が入った。

20080521.jpg
練習終了後、気合を入れ直すAK氏。片柳コミセン前にて。(写真撮影N郎♪)

練習後の車中ミーティングでは、自分たちの持ち味は一体なんなのか? 自分達は何で勝負すべきなのか? 再確認がされ、AKのテンションもアップ。
前回以上のパフォーマンスとなるであろう、NAPセカンドライブ、みなさま是非お楽しみに!!

5/28(水) 秋葉原・秋田犬
OPEN18:30~/START19:00~
TICKET \1000 ( 別途 DRINK\500 )

[ 出演 ]
19:00 清水嘉邦
19:35 地網大介
20:10 馬場孝幸
20:45 N郎♪&AKプロジェクト




■6/8(日)、アウフヘーベンライブせまる!!

こちらの動向も見逃せない。ライブまで2週間強にせまったアウフヘーベンライブ。西川口ハーツのHPでは6月スケジュールも公開され、アウフヘーベンへの期待の高さがうかがえる。

6/8(日) 西川口・Hearts
open17:30/start18:00 adv\1500/door\1800
hibari/アウフヘーベン/RAIL/眼鏡部/Get the Cola/breed


西川口ハーツの正面。倉庫を改造したお洒落なライブハウス。

チケットご予約はN郎♪までメールもしくはメッセージでどうぞ。
こちらのライブも是非。2008年前半最大のパフォーマンスとなる予定。ロッカーN郎♪に超ご期待下さい。



■N郎♪商店 「株価」 動向

最後は 「株価」 動向。他アーティストの勃興により 「音楽活動」ランキング及び 「シンガーソングライター」ランキングでは後退しているものの、得票数に大きな変動はなく、上位ランクはキープ中。驚異的な持続力と分析できる。

以下、N郎♪氏のコメント
「先週は皆様にご挨拶が出来ず、誠に申し訳ございませんでした・・・にもかからわず、毎日毎日本当にありがとうございます!! 大感謝です!!
というわけで、ライブも近づいてまいりました。その勢いで当ブログもまい進していく所存です。どうか皆様、引き続き応援よろしくお願いいたします!!ポチっと宜しく、楽しんでってね~」


1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしくね~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ


以上 5/21付ニュースダイジェストお届けいたしました。


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

| 未分類 | 23:59 | トラックバック:0コメント:0
ディープ・パープル 「Speed King」
Deep Purple in RockDeep Purple in Rock
(1987/11/13)
Deep Purple

詳細

レッド・ツェッペリンとディープ・パープル、世界では圧倒的にツェッペリンが王様だと思うが、日本ではパープルの方が知名度が高いと思う。

かく言う自分も、ツェッペリンより先にパープルにはまった一人だった。「Burn」や「High way star」 など、超名曲ももちろん好きだ。でも、パープルにはまったころのN郎♪的感性からするとこの曲 「Speed King」 がいいね~

イアン・ギランの圧倒的なボーカル、シャウト、この曲がベストだと思う。リッチ・ブラックモアとジョン・ロードの間奏部分での掛け合いも面白い。何よりも曲のこのテンションだ。凄まじいパワーで音楽的におもしろい。

「SPEED KING」 ばかりではなく、このアルバム 「IN ROCK」 は他にも野心的な作品が多く、60年代後半色ありありの名盤だ。

●Youtube: Deep Purple - Speed King (Granada TV studios 1970)

【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ


テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

| この曲がおもしろい! | 23:59 | トラックバック:1コメント:1
5/19 渋谷アピア 古賀千春 復活ライブ
月曜日夜、小雨の中、待ち望んでいたその日がついに訪れた。2年間のブランクを経て、古賀千春のライブが渋谷アピアで行われた。

俺自身を含め、この日を待ち望んでいたファンがどれだけいたことか・・・・。本日のアピアのお客さんの数を見ても、ライブ中の声援を聴いても、誰もが彼女のライブを心待ちにしていた様子がわかる。



ライブは 「Life tree down」 から始まり、彼女が一声を発すると会場の空気はガラリと変わった。古賀千春のボーカルがまったく健在であり、その息遣い、言葉を歌い上げる表現に、俺自身、息を呑み、一気に引き込まれる。この曲は小池真司さんよりいただいた曲だという。古賀千春のボーカルの魅力が120%発揮された素晴らしい曲であった。本日一番の衝撃。



美しい旋律と詞を持つ 「オレンジの光」、ライブでの演奏を待ち望んでいた名曲 「鐘の音」など、彼女の数々の歌を今、こうしてライブ演奏として観ていること自体が自分にとっては感動であった。なぜならば、もう二度と彼女の演奏を観る事はできないかも・・・・そんなことをこれまで何度も思ったことがあったからだ。



背景のスクリーンに映し出されるイメージ映像も、彼女の魅力をさらに演出した。電池切れで写真撮影ができなかったが、歌とマッチし、視覚的好奇心もそそられるライブであった。

出産のため、しばらく活動を停止していた彼女は、現在、埼玉県西部・越生町で田舎暮らしをしているという。MCの中で、生活のすべてが変わったと語った。本編最後の曲 「里」 は、そんな生活の中から生まれた曲だ。田園の光景が歌われている。

本編終了後、アンコールでは、リクエストに応え、ボーカルの絶叫が印象深い 「水漏れ」も演奏された。
彼女のボーカルはまったく健在であり、そこには確かに 「古賀千春」 がいた。


彼女が関わる埼玉県越生町のゲストハウスおっぺでは、布ぞうり、スリッパを作ろうイベントや、 「夏至の集い」 イベント(6/21(土)、6/22(日))が予定されている。

また、会場では彼女のCDが販売された。2006年3月7日のアピアでのライブ音源を使用したものだが、今回ジャケット、歌詞カードが整備され、売り上げの半分は森林保護の基金に寄付されるという。

●古賀千春ブログ:ライブ感想 「しあわせでした。ありがとう!」


関連過去ログ
●あらためて古賀千春「鐘の音」
●古賀千春 高円寺ALONE


【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

| ライブ行ってきました | 23:59 | トラックバック:0コメント:2
5/13 四谷コタン H.D.D ライブ
火曜日夜、四谷コタンへ。前日の高円寺ペンギンハウスに続き、連日のライブ観戦となる。お目当てはまっきーちゃんの出演するH.D.D 。



前回コタンよりもかなり余裕を持って演奏しているように見えた。マンちゃんのコーラスもナイス。コタンの店長も歌ごころがあると賞賛するまっきーボーカルも磨きがかかっていた。



四谷コタン、喫茶店なみの広さで、25名ほどで満席となる。この日はお客さんの数も多く、出演者もおもしろかった。照明が以外に多く、スタッフは音響・照明・注文と一人何役もこなす。



まっきーのボーカルはノリがよかった。本人いわく、ノリが悪いといっていたのだが、全然。今月は23日金曜日に小岩ニュー乃里でのライブもあり、メイトのコーラスもあってまっきー大忙し。でも、いろいろやってるほうが多分いい感じに充実できるって思う。



つわものぞろいの本日のライブを観て、俺も早くやりたくなった。N郎♪ワールド、ここコタンで、どういうアプローチで展開していこうか、ただいま思案中。6/16(月)、よろしくね~



【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

| ライブ行ってきました | 03:57 | トラックバック:0コメント:2
5/13 高円寺ペンギンハウス No Future Loops、アサダマオ
月曜日、ケンケンとともに高円寺のライブハウス・ペンギンハウスへ。本日のお目当ては No Future Loops と アサダマオ。この組み合わせは今年の 1/31 にも行われており、当ブログでもレポを書いた


本日2番目の出演のアサダマオ

アサダマオの演奏を観るのは2、3ヶ月ぶりだと思う。ヴォーカルが成長していたのがわかった。憧れのセレブを歌った曲が相変わらずよく、今回はじめてアサダマオを見るケンケンもそのヴォーカルを評価していた。演奏スタイルや曲調も以前見たときより少し変わってきており、音楽的に面白いことをいろいろ追及し続けている結果だと思う。さらなる活躍に期待したい。

最後の出演が No Future Loops 。1/31 のライブでたまたま見たバンドであったが、プログレ、タンゴ、フュージョン・・・とバリエーション豊かな音楽性と、超ハイテンションな演奏にすっかりはまってしまい、是非また観たいと思っていたバンドであった。
 

No Future Loops 6人編成

今回の演奏も前回同様、面白い曲の連続で、超パワフル。ケンケンとも話したのだが、メンバー全員の音楽性が高く、それぞれ個性があっておもしろい。中でもドラマーが超魅力的。激烈なドラムを叩き、メリハリが素晴らしかった。

1/31 のライブを観た後、サックス藤野美由紀のCD 「STAY FUNK」 を購入したのだが、これがまた面白いアルバムで、レビューを書きたいと思っていた。その 「STAY FUNK」 の中から一番カッチョいい曲 「TvsG」 の演奏がありN郎♪大感激。CDではツインのサックスが掛け合いをするのだが、今回のライブではヴァイオリンとサックスとの掛け合いで観客を魅了した。


「TvsG」 演奏中の藤野美由紀

このバンド、今、東京で最も観る価値があるバンドだと思う。一緒に行ったケンケンも大満足。No Future Loops をペンギンハウスで観た人は異口同音にこう言う・・・2000円弱でこんな演奏を観れるなんて、安い。次回のライブはまだ2、3ヶ月先とのことだが、N郎♪も超オススメ。音楽的に本~当に面白い。

演奏終了後、ケンケンと共にサックスの藤野さんと少し会話する。アルバムジャケットの藤野美由紀は派手なおネエちゃんなのだが、実際の藤野さんはファンを大切にするとても謙虚で誠実な人であり、観客の支持を集めるための姿勢が実に素晴らしいミュージシャンだ。これから新曲の予定もあるとのことで、その動向から目が離せない。これまたさらなる活躍に期待したい。


【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ


テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

| ライブ行ってきました | 01:46 | トラックバック:0コメント:0
5/11 NAPセッション
日曜日夜、NAPのセッションが行われた。今回のスタジオはプラザウエスト。AKの新曲2曲(通称・「ビートルズ」 「リズム」)及びこれまでのNAPの曲の録音が行われ、AKにとっていい経験となった。

セッション終了後、マックでスケジュール確認。5/28(水)秋葉原・秋田犬ライブまでの練習日程確認、及び路上ライブ計画がされた。


マックポテトで予定表を指し示すAK氏。後姿はN郎♪氏。

6/8(日) 西川口・ハーツで予定されているアウフヘーベンライブ。アウフヘーベンライブの目玉の一つ、現在 「自作詞の背景シリーズ」 で連載中の 「バンドの練習が始まる時刻を待ちながら」。この曲について5/28 NAPライブでも演奏が予定されている。アウフヘーベン演奏の 「バンドの~」 を聴いて、AKはNAP独自のスタイルを模索したいと抱負を述べる。いいね~AK。

当面はこの2つのライブをターゲットとし、N郎♪及び当ブログも進んでいく。2つのライブ宜しくね~


【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ

【PR】1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしく~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

| NAP活動の軌跡 | 04:03 | トラックバック:0コメント:2
アウフヘーベン 6/8向け PV撮影会(その2)

古くからおなじみの東口商店街アーケドー

6/8(日)西川口ハーツでアウフヘーベンのライブが行われる。土曜日、ライブのオープニングで公開予定のプロモーションビデオ撮影会が、雨のなか大宮の街で行われた。
第1曲目で演奏が決まっている 「タウンウォーカー」 は、大宮の街のことを歌った曲。その 「タウンウォーカー」 の歌詞の中に出てくるスポットを織り交ぜながら、N郎♪氏の解説により、大宮の街の撮影は進められた。


大宮西口の象徴、ソニックシティー。 「タウンウォーカー」 の歌詞の中登場してくる超高層ビルとはこのビルのこと。

かつて大宮にハーツがあったビルの撮影から始まり、キャバクラも集まる繁華街 「南銀」、商業都市・大宮を象徴する東口商店街と、撮影は進み、西口に移動して、かつて屋外ライブステージJAKCBOXがあったJACK大宮前、ソニックシティなど、「タウンウォーカー」 の詞の順番に進行していった。

ライブオープニング映像では時間の関係で多くのシーンがカットとなる見込みだが、大宮の街は健在であった。


最後に 「タウンウォーカーよろしく!!」 と決めるN郎♪氏(笑)

夜、本日撮影が完了したプロモーションビデオ用の素材を持ちより、チームアウフヘーベン・チバちゃん、Jimmyちゃんとともに打ち合わせが行われた。これからチバちゃんによる映像編集が開始されるのだが、今から楽しみ(笑)

6/8(日)西川口ハーツ、かなり期待してね~


【PR】1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしく~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ

【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ







テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

| ロックバンド・アウフヘーベン | 09:24 | トラックバック:0コメント:2
自作詞の背景 「バンドの練習が始まる時刻を待ちながら」(2)
20080510.jpg

(前回からの続き)
この曲のバッキングを作成するにあたって、はじめてシンセサイザーを導入した。今は壊れて使えなくなった愛機 KORG i3 だ。それまではバンドもしくはアコギ、自分でドラムをうちこみ、エレキギターを弾いて作ったりもしたが、シンセサイザーの導入により、格段に音楽の幅が広がった。音楽を作る上で一種の革命といってよく、良くも悪くもその後の数年間の音楽活動に大きな影響を与えることとなった。

音源については、アウフヘーベン Jimmyちゃんによるギターソロもフューチャーされている。この版は写真に掲載されているハードディスクMTR KORG D12 に録音した版であるが、当初はカセットレコーダーを使用したYAMAHAのMTRに録音し、それにボーカルとギターを録音していた。

音楽製作の転機となった曲であり、逆にそれゆえに、この曲についてはしばらくの間、バンドや弾き語りで演奏することはなかった・・・。

( 次回へ続く)


「自作詞の背景」 シリーズ一覧へ


テーマ:思い出の音楽 - ジャンル:音楽

| N郎♪ソング(自作詞の背景) | 23:59 | トラックバック:0コメント:0
5/9 NAP 路上 渋谷駅宮益坂口前


金曜日夜、赤羽駅で待ち合わせてNAP(N郎♪&AKプロジェクト)路上のため、AKと埼京線へ乗り込む。新宿で乗り換え、原宿駅から代々木公園へ向かうも土日のタイフェスティバルの準備で、いつもの場所はテントがひしめきあい、路上が出来る状態ではなし。方針を変更し、そのまま突っ切って渋谷駅方面へ。

公園通りを下り、駅前の交差点をぬけて場所を探す。西口から東口へ抜けて、宮益坂口前交差点前のスペースに陣取る。そばでは路上パフォーマンスをやっているグループがいたが、NAPが演奏を開始すると立ち去った。

演奏は実質1時間強程度か。演奏するにはなかなかいい場所で気持ちよく演奏ができた。5/28秋葉原・秋田犬で演奏予定のAK新曲も初セッション。やはり金曜夜の街は開放感がありありでいい感じ。
というわけで宮益坂口前のみなさま、通行人のみなさま、ありがとうございました(笑)渋谷で路上ライブをやっているたかぎしゅんさんとも仲良くなりました。へえ~たかぎさん、今度KAKADOでやるんだ~共にがんばりましょう!!

路上終了後、帰りの埼京線の中でAKと今後の路上計画、用意すべきものなどミィーティング。AKは初渋谷路上で興奮さめやらず。次回路上は来週金曜、おなじく渋谷で数スポットを計画している。やっぱり渋谷はいいわ。

●AKの記事はこちら

帰りに 西川口ハーツに立ち寄って 6/8(日)アウフヘーベンライブのチケットを受け取ってくる。こっちもすごいぜ、よろしくね~

1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしくね~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ

【PR】NAPライブ 2008年 5月28日(水)夜 秋葉原・秋田犬
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口・ハーツ




テーマ:ギター - ジャンル:音楽

| NAP活動の軌跡 | 23:59 | トラックバック:0コメント:6
行き詰っている時はガラリと発想を変えてみよう
前回のこのシリーズ、人の行動半径はその人の発想内に限定され、発想の前提となっているものについて、今一度検証してみようと書いた。

よい発想が生まれなければ、よい行動も不可能だ。そのため、しっかりと方向性を持って、よい発想が生まれるよう意識する必要がある。

よい発想の基準を簡単に挙げてみる・・・前向きであること、発展性があること、現状を打開できること、発想の対象が自分の求めることと一致していること・・・などなど。

悪い発想はこの逆となる・・・後ろ向きであること、ジリ貧であること、現状に縛られていること、発想の対象が自分の求めることとは一致しておらず、分散されていること・・・未来ある発想がどちらかは述べるまでもなく、「発想」というものがいかに大事かわかっていただけると思う。

何かしらに行き詰っているとしたら、ガラリと発想を変えてみよう。「常識」や「前提」を疑ってみよう。これまで考えていなかったこと、これまでなおざりにしていたところにこそ、現状を打開できる道筋がある。「押してもだめなら引いてみな」 とは昔から言われていることで、ガラリと発想を変えることの重要性を説いている。

発想の重要性に関連して、昨年 「ピンチとチャンス」 という一文を書いた。その文の最後は以下のように結んでいる。

今置かれている状況をチャンスと認識できるかどうか・・・この違いが大きな結果の違いにつながってくると思うのだ。今という時間は二度と戻らず、シチュエーションもいつまでも続くわけではない。チャンスをチャンスと認識し、確実にそのチャンスを活かすべし。


【PR】1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしくね~
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口ハーツ



テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

| 未分類 | 22:33 | トラックバック:0コメント:2
「N郎♪商店」 ニュースダイジェスト 5/7
■5/28(水)秋葉原・秋田犬ライブ準備進行中!

N郎♪&AKプロジェクト(略してNAP)、5/28 セカンドライブの演奏予定曲がほぼ決定した。月曜日に行われたスタジオセッションでは、AK新曲及びN郎♪未発表曲のセッションが行われ、曲の出来のよさに手ごたえ十分。既発表曲の演奏能力も向上し、セカンドライブではよりパワーアップしたNAPをご覧いただけると思う。乞うご期待!

5/28(水) 秋葉原・秋田犬
OPEN18:30~/START19:00~
TICKET \1000 ( 別途 DRINK\500 )

[ 出演 ]
19:00 清水嘉邦
19:35 地網大介
20:10 馬場孝幸
20:45 N郎♪&AKプロジェクト


なお、chiekoさんから情報のあった、秋田犬インターネットラジオについては以下のURLから聴くことができる。馬場オーナーとサッキー店長によるN郎♪ネタあり(笑)。 58分すぎから。

●#101【犬小屋放送局111馬場孝幸のmonday midnight!!】 2008/5/6(月)



■今週のNAP路上ライブ

先週金曜日のNAP路上ライブは雨のため中止。今週金曜日 5/9 夜、リベンジ予定。今度こそ都内初進出、代々木公園が計画されている。フットワークの軽さを最大の武器とし、NAPのロードは続く。

NAPの動向についてはAKブログ「俺の空」にても随時掲載中、要チェック!!



■N郎♪商店 「株価」 動向

最後は 「株価」 動向。先週木曜日から5日間連続して、386 のアーティスト系音楽ブログが集う、激戦 「音楽活動」ランキングで再び1位を獲得!! 残念ながら「シンガーソングライター」ランキングでは2位に後退し、今回も2冠獲得はならなかったが、大健闘。

以下、N郎♪氏のコメント
「当ブログをご支援いただいている皆様、あらためてありがとうございます!! 長期間にわたり激戦ランキングでトップ争いを演じていられるのもすべて皆様のお力の結果です。マジで凄いことで、大感謝です。今週もランキング動向、ポチっと宜しく、楽しんでってね~」

1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしくね~
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ


以上 5/7付ニュースダイジェストお届けいたしました。


【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口ハーツ

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

| 未分類 | 02:30 | トラックバック:0コメント:4
RCサクセション 「サマータイム・ブルース」
COVERSCOVERS
(1990/11/07)
RCサクセション

詳細

昨日につづきこのアルバムから。アルバムには原発を批判する歌が2曲含まれている。「ラブ・ミー・テンダー 」 及び 「サマータイム・ブルース 」。いずれも忌野清志郎の作詞だ。
20年前に書かれた 「サマータイム・ブルース 」 の詞には原発の数について次のような言及がある。

♪37個も建っている

現在日本では55基が稼動し、これからさらに増えていく予定だ。欧州各国を先頭に世界では脱原発の動きが加速している一方、日本はひたすら推進している状況がわかる。

しかし20年前と比較し、さまざまな事故や事件を経て、原発の危険性についての認識は日本でも一般化しているのではないだろうか。

♪知らねえうちに 漏れていた

2007年3月、東京電力は福島第1原子力発電所3号機での臨界事故をはじめて発表した。1978年の事故であり、それまで隠されていた事故だ。その事故以外にもいくつもの事故が隠されていたことが発表された。このことは先日見た 『六ヶ所村通信no.4』 の中でも、冒頭で取り上げられていただけに、久しぶりに聴いた清志郎の歌詞に大きなリアリティーを感じだ。

ロックとは、音楽的に 「ロック」 であることと同時に、その詞も、そのスピリッツも、その行動も 「ロック」 の要素であり、テーマは、現状打開、先見、革新、人間開放、LOVE&PEACE・・・・社会的言及は必然だ。 世界的に 「ロック」 が人を惹きつけてやまない理由であり、音楽を超えた現代文化である理由であると思う。

そういった意味を含め、この曲、このアルバム、忌野清志郎が日本の誇るロッカーであることを再認識。


●姉妹記事:RCサクセション 「マネー」

●RCサクセション 「COVERS」 が試聴できるサイトはこちら



【PR】1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしくね~
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口ハーツ


テーマ:ロック - ジャンル:音楽

| この曲がおもしろい! | 06:32 | トラックバック:0コメント:2
RCサクセション 「マネー」
COVERSCOVERS
(1990/11/07)
RCサクセション

詳細

部屋のかたづけをしながらCDの整理をしていると、どっかにいって見つけられなくなっていたRCサクセションのアルバム 「COVERS」 が出てきた。1988年に発売されたこのアルバムは、原発批判の曲を入れたがために、当時の東芝EMIから発売が中止となり、キティレコードから発売されるという、日本ロック史に残るいわく付きの傑作アルバムだ。

このアルバムから1曲選びたいと思い、まず浮かんだのが 「マネー」 。「イマジン」 や 「サマータイム・ブルース」など、アルバムを代表する忌野清志郎の傑作日本語訳詞の曲も素晴らしいのだが、音楽的インパクトとしては圧倒的に 「マネー」 だと思う。

先ほどあらためてアルバム全曲を通して聴いてみて、ロックだよな~と感入った。欧米のロック+シャンソンの名曲をRCがカバーしたアルバムだから当然サウンドはロックなのだが、それにしてもホント、ロックだ。

「マネー」 はビートルズのカヴァーでも有名だが、このアルバムの 「マネー」 は、まるでハノイ・ロックスの「Taxi Driver」 を聴いているような(そっくり)、重量感ありかつ骨太ロックなサウンドだ。傑作ぞろいのアルバムの中でも、ぴか一だと思う。いい、ホント。
”♪金ねーか” を絶叫する日本語詞は、仲井戸麗市&忌野清志郎ならではのセンス。

●RCサクセション 「COVERS」 が試聴できるサイトはこちら
●ビートルズの 「Money」 Youtube動画はこちら
●ハノイ・ロックス 「Taxi Driver 」 Youtube動画はこちら(ドラムがラズルではないが)


●姉妹記事:RCサクセション 「サマータイム・ブルース」



【PR】1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしくね~
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口ハーツ



テーマ:ロック - ジャンル:音楽

| この曲がおもしろい! | 03:13 | トラックバック:0コメント:0
「前提」 の破壊
人の行動半径は、その人の発想内に限定される。しかし、真に求めているもの、真の回答はその人の発想から外れたところにあったりする。

人は無意識のうちに 「前提」 という名のその人の持っている既成の観念にとらわれている。発想はその 「前提」 の上で構成されていく・・・しかしその 「前提」 が必ずしも本当の 「前提」 ではなかったりする。

陳腐な発想、現状を打開できない発想しか生まれてこない理由は、「前提」 に問題がある可能性が高い。何かしらを打開できずに悩んでいる人は一度、自分の持っている「前提」 を疑ってみよう。

自分自身を拘束している者は、他でもない、自分自身であることが多い。かなり多い。無意識の中の自分自身が思考や行動を拘束しているのだ。このテーマ、さらに掘り下げていくことに大きな価値があるかもしれない・・・。



【PR】1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしく~
【PR】アウフヘーベンライブ 2008年 6月8日(日)夜 西川口ハーツ




テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

| 未分類 | 22:47 | トラックバック:0コメント:0
自作詞の背景 「バンドの練習が始まる時刻を待ちながら」(1)
この曲の詞は20代半ばに書いた。「あなたとは~」より以前の曲であって、その時期のことは日ごろ思い出すこともなく、すっかり忘れてしまっていた。この文章を書くにあたり、様々なことを思い出した。



歌詞は次のようなフレーズで始まる・・・。

♪友達の車の助手席に身体よこたえて・・・

ここで書いている「友達の車」とは、ズバリ SAMMY の車のことであった(笑)
当時、自分は車を持っておらず、バンド練習やライブなど、自動車を使って移動する場合はアパートまで向かえに来てもらって、SAMMYの車の助手席に乗せてもらって移動していた。

♪フロントガラスの向こうで、夜の木々が風に揺れて・・・

「夜の木々」とはキャンパスの木々のことで、この夜は、バンドをしていた出身キャンパスに戻り、学園祭にOBバンドとして特別参加し、それに関連した夜だったような気がする・・・。アウフヘーベンの Jimmy ちゃんに、一緒にやらないかと声をかけたのも、もしかしたら同じころだったのかもしれない。

歌詞は 「タウンウォーカー」や「ロックの力」 からつながる歌詞だと思う。この手の系統の歌詞は他にも数曲あり、当時でなければ絶対に書くことが出来ない、若くて、リアルな想いを描いた歌詞だ。

(次回へつづく)




「自作詞の背景」 シリーズ一覧へ


テーマ:思い出の音楽 - ジャンル:音楽

| N郎♪ソング(自作詞の背景) | 23:59 | トラックバック:0コメント:2
5/1 渋谷・アップリンク・ファクトリー 『六ヶ所村通信no.4』 & 鎌仲ひとみトークレポ
木曜日、渋谷・アップリンク・ファクトリー 『六ヶ所村通信no.4』 を観にいく。アップリンク・ファクトリーの前は何度も通ったことがあり、なじみの地域であったが、中に入るのは今回はじめて。

20080501-01.jpg

『六ヶ所村通信no.4』 は映画 『六ヶ所村ラプソディー』 のその後、そして現在までのリアルタイムな動きを描いたドキュメンタリーで、3月に完成したばかり。3月の Naked Loft のトークライブの宣伝が遅れたのは、この作品を完成させることに監督が注力していたからだった・・・

一番の見所は青森県のお役人さんと、放射能除去装置を要望する人たちの議論のシーン。本格操業で日々排出される放射能の量は微々たるものであり、人間は自然界からも被爆していると県は説明。それに対し、自然被爆以上には被爆したくないのだ、おかしくなってから対応しては遅いのだという要望側の論理は極めて説得力があり、問題の本質に迫るものであった。

また、『NO NUKES MORE HEARTS』時のインタビューの中で、六ヶ所の問題にかかわることが様々なことにつながっていくと元LUNASEA の SUGIZOさんは語っていた。この視点はとても重要だと思う。ただ単に反対にエネルギーを使うのではなく、それをきっかけとして各人それぞれが意識の発展をしていくこと、人として花開いていくこと、とても重要な視点だ。

20080501-02.jpg

上映後、監督のトークがあった。前日は Naked Loft で SUGIZOさんをゲストに迎えてのトークライブがあり、アップリンク・ファクトリーでの鎌仲監督特集とあわせこの一週間連日のトーク。少しお疲れかな??とも感じだが、原子力に代わるエネルギーを模索するため、その分野で先進国であるスウェーデンへ取材にいく計画を語った。さすが鎌仲ひとみ、しっかり&着実に未来を見つめているわ~と、感動。『六ヶ所村通信no.4』以降の新たな展開を語る監督に、一瞬 「神」 が見えた瞬間だった(笑)。歴史は今この瞬間、目の前で動いている。

スウェーデン取材の結果はテレビをターゲットにしているとのこと。鎌仲ひとみ、これからの展開に注目。それと同時に、「鎌仲サポーターブログ組」(N郎♪が勝手に命名)もしっかり情報発信していかないとね・・・。パーソナルメディアであるブログは誰だって自由に発信できるんだから、ちょっとした意識の転回と手間を使えば・・・

一人一人のブログ発信に関連して、ジョン・レノン「イマジン」の一節を紹介しよう。訳は忌野清志郎

♪夢かもしれない、でもその夢を見てるのは、一人だけじゃない
♪世界中にいるのさ


加えて、みんながそれをやればいい、簡単なこと。肝心なことは一人一人が発信者になるということ。おもしろいぜ~


※アップリンク・ファクトリー鎌仲ひとみ特集についてはパクさんもブログ掲載。そちらの記事もご覧になって下さい!
●5/2 渋谷・アップルリンク・ファクトリー
●4/29 六ヶ所村通信NO.4を渋谷で観ました

※SUGIZOさんをゲストに迎えての 4/30 Naked Loft トークライブの模様は 杉蔵 junky さんのブログに記事が掲載されています。そちらも是非どうぞ!
●アットホームなトークイベだったなぁ~



<関連リンク>
●『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ(鎌仲さんブログ)

<関連過去記事>
●3/13 鎌仲ひとみトークイベント 「メディア新世紀開幕vol.2」
●1/15 鎌仲ひとみトークイベント 「メディア新世紀開幕」

●最新トレンド映画 『六ヶ所村ラプソディー』
●「世界中に起きているストーリー。人類史に普遍的なストーリー。」 by 坂本龍一


【PR】1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしく~



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

| 鎌仲ひとみ監督 | 23:59 | トラックバック:0コメント:4
クレーム対応人間模様 ~ とほほ事例集
木曜日夜、帰宅してネットにつなごうとすると接続会社のエラー画面。深夜いろいろ試したが結局ネットにつなぐことができず。メールも見れず、ブログも更新できず、必要な情報も入手することができず、困り果てた。いまやインターネットは24時間止まることが許されない必須のインフラとなっている。怒り半分、あきらめ半分で、ネットが長時間使用できなくなったことで損害賠償につながるケースもありうるだろうな~と思いながら眠りにつく。

朝起きてもエラーは解消されず。営業時間の9時過ぎ、サポートセンターに電話をする。同様のトラブルが他でも発生しているとのこと。クレームを述べると電話の向こうから謝罪あり。調査結果は昼に報告してくれるようお願いし、その依頼どおり、昼に電話が来る。原因はサーバー側の接続プログラムに不具合があったからとのこと。

電話に出た相手は若い男性のようで、クレーム対応のプロっぽくはなかったが、神妙に説明をするその素直さに好感を持った。恐らく他からキツイクレームがいっていることだろうし、大手の接続業者ではないため、解約すると言っている人もいるかもしれない。しかし自分は電話の対応に好感を持ち、このままこの接続業者を使おうと思った。

この例とは逆に、近年、クレームに逆ギレする人、クレームに開き直る人、クレームを述べないと落ち度に気付かない人・・・などなど、困った人に出くわすことが多い。そしてその分、余計な手間と時間を取られる。以下その例。時間がある人は読んでね。


■事例1 ・・・ 逆ギレ

自動車運転中、赤信号で止まっていたところ、若い男性の運転する車から追突される。翌日、相手からも保険会社からも一向に連絡が来ないため、連絡先として聞いた相手の家に電話をする。相手は不在で、代わりに父親が電話に出る。
事故の処理について話すと、父親は横柄な態度をとり、挙句には逆ギレして怒鳴り散らし、電話を切られてしまう。あまりに酷い対応であったため、その対応の問題点について文章でまとめ、相手と相手の保険会社に送付する。数日後、逆ギレした父親から謝罪の手紙がくる。家族から責められ、眠れぬ日々が続いたとのこと・・・。

最初から自分の息子がやらかした事故に対して神妙な態度を取っていれば、本人も眠れぬ日々が続くこともなかっただろうし、こちらも怒ることなく、保険会社とのやりとりで簡単に事を済ませたことだろう。一方的に追突されて、さらに逆ギレまでされた怒りは当分収まることなく、無用な怒りに数日振り回された。普段、人から批判されることもなく、エラソーにしている人ほど逆ギレするんだよね。あと、相手に対してなんかやましいことがある人も。ああ~馬鹿らしい。


■事例2 ・・・ 開き直り

チャージ料金なしが売りの都内の某アコースティック居酒屋。客として行き、清算時に提示された飲食代を見てびっくり。こんな金額になるまで呑んだり食ったりしたっけ?? 音楽でいい雰囲気になっている場を壊したくはなかったし、料金の明細もなかったため、提示された料金をそのまま支払った。家に帰って一つ一つ注文したものを思い出しならが計算してみる・・・全然合わない。ついつい口ずさむ歌「ボーラーレ」た(笑)。

翌日、店に電話をする。あなたが注文したとおりだと開き直られる。電話の向こうにある伝票の内容を一つ一つを確認する。レモン杯の数が倍になっていたり、注文した料理より1ランク上の料理が伝票に記載されていたりと、かなりの水増しをしている。仮にその内容のとおりであったとしても請求額には達しないのではないかと指摘し、一旦電話を切る。金額と数を再確認後、もう一度電話をすると、ようやく相手は非を認め、アルバイトのせいにする。証拠がなかったため、水増しされた料金の全額を取り戻すことではできなかったが、後日、数千円を返してもらう。意図的に水増し請求をしておきながら、開き直ったこの店で二度と飲食することはないだろう。

その店は水増し請求で有名らしく、常習店のようだ。これについて出演者とは関係ないと平然と述べている出演者もいる。出演する側から見ればそう思い込みたいところだろう。しかし客から見れば、出演者はお店と同じ側であり、そのような意見を述べている出演者は恥じるべきだ。マジで。


■事例3 ・・・ 認識不能

ある日曜日、大手都市銀行のATMでお金を引き出そうとする。このカードは使えないため窓口で問い合わせするよう表示が出る。窓口は営業しておらず、翌日まで待って発行店舗に行って、問い合わせる。
最初の対応者(年配の女性)から、他のカードと重ねて持っていたりすると、磁気がおかしくなったりすると言われ、再発行の手続きを促される。
再発行の手続きをする際、担当者(若い女性)から、磁気がおかしくなったんですね?と確認される。自分は、磁気がおかしくなったかどうか原因はわからないないが、とにかく使えなくなったと説明する。再発行する以外に方法はないということになり、手続きをすることに・・・しかし、再発行されるまでの数日間、ATMは使用できず、いちいち銀行窓口でお金を下ろさなければならないとのこと。それでは困る~と涙目で訴えたが、仕方がないと言われる。

ATMを使用できなくなっている期間に担当者(若い女性)から電話がくる。新しいカードは既に郵送されてますよね? でも、再発行の手続きをしちゃったため、そのカードも使用できません・・・
とのこと。最初何のことかよくわからなかったが、よくよく聞いてみるとこういうことだった。

ATMが使用できなかった理由は、銀行カードの磁気が壊れていたからではなく、併設されているクレジットカードの有効期限が切れていたため・・・そういえば1ヶ月近く前、クレジットカードが郵送されてきたことを思い出す。普段使用していないクレジットカードであったから、またわけのわからない新しいカードかよ~と、よく読まずそのままにしていた。しかしその 「わけのわからない新しいカード」 の正体は、新しい銀行カードでもあったのだ・・・。

ATMが使えなくなった正確な原因を、銀行側が最初からきちんと調べてくれていれば、意味もなくカードを再発行させられることもなかっただろう。ATMを使えない不便な数日間もなかったはずだ。再発行を担当した若い女性は最後までそのことについてお詫びすることもなく、何の言及もなかった。あれだけ涙目で訴えたのに・・・。
すべての手続きが終わった後、今回の件はいろいろと改善すべき点があるため、クレームとして銀行本部に連絡しますと、担当の彼女に伝える。それを聞いた彼女は泣きそうな顔に・・・本来顧客にかけた迷惑は自分らで改善点を挙げるべきだろう。

数日後、無駄に再発行された銀行カードが届き、そのカードを使って振込みをしようとしたところ・・・出来ない。調べてもらうと再発行の際、限度額が間違えて設定されたとのこと・・・頼むよホント。

問題点をまとめて銀行本部にメールを送ろうと思い、ホームページを調べてみる。しかしメールで問い合わせを受け付けているところは一切なし・・・・この銀行はこれからも顧客に対して同じことを繰り返すだろう。


以上、「とほほ」な事例。こんな対応に、時間と労力と気力の無駄遣いをさせれらているのは俺に限った話ではないよね? みんなもっとちゃんと考えて普通にしっかりやろうよ~、頼むぜ、ホント・・・って俺もね(笑)


【PR】1日1回 「音楽活動」 応援クリック よろしく~

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

| ニュース・社会うんちく | 23:56 | トラックバック:0コメント:2
| ホーム |

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

● プロフィール

N郎♪

Author:N郎♪
秋葉原秋田犬、越谷アビーロード他、都内、埼玉のライブハウスにてソロライブ展開中。他にロックバンド・アウフヘーベンのボーカリストとして活動。レギューラー番組、ぷち FM897 すみだリヴァー 毎週木曜 22:00~『N郎♪ ON AIR ラベンダーな夜』
メールお問い合わせはこちらまで。

● 記事一覧
ありがとう2016 ~ Think and Carry out & 夏泊半島


2014/1/25発売 Newアルバム



馬場孝幸プロデュース作品
57分 ZA-10040   zarya misic community
税込価格 1,500円  2014.1.25 発売
Fine Days Song 特設サイト(購入方法など)
+ Amazon.co.jp
+ TOWER RECORDS ONLINE
+ アイズコレクション
+ 紀伊國屋書店ウェブストア
+ 楽天各店

● Twitter 公式速報

● 最近の記事
● 最近のコメント
● リンク

● カテゴリー
● 月別アーカイブ

● 旧ブログアーカイブ
RSSフィード
QRコード

QRコード

ブログ内検索