馬場孝幸プロデュース・N郎♪アルバム本録音第1回
いつも応援ありがと~ にこっ                          N郎♪ Youtube Happy へ
「Happy N郎♪」 応援ポチっありがとう! ★次回超絶Happy は 2000 を踏まれる方(5.31 1982)

日曜日、日暮里駅から歩いた谷中の住宅街にあるスタジオで、馬場孝幸プロデュース・N郎♪アルバムの本録音、第一回でした。


20130526-0.jpg
レコーディングの帰り道、日暮里駅前

レコーディングスタジオは1軒家を改造した3階建てのおもしろい建物で、メッチャいい感じの時間だったね。プロのレコーディングてこんなふうにやるんだ~って勉強にもなったし、何より楽しかった。


レコーディングスタジオはこんなとこ
http://funkahollic.jp/index.html


今回はドラム、ベースのリズムセクションを中心に録音したんだけど、馬場さんプロデュースの元、ベースの斉藤まことさん、ドラムの三橋司さんと、第一線で活躍されているプロフェッショナルなお二人の姿勢に感激。

そしてアウフヘーベンギタリストのJimmyちゃん、さらには「Once」ピアノインストでおなじみのまさみちゃん、プロデューサー馬場さん、斉藤さんのお友達の方が差し入れ持ってきてくれたり、コーヒー入れてくれたりと、みんなで一緒に音楽を作り上げていくって感じで、とてもいい感じの日だったね。


20130526-2.jpg


その日録音した音源を聴きながら思うことは、斉藤まことさんと三橋司さん、プロフェッショナルなのはもちろんのこと、いい作品を作り上げようと、そんな気持ちが音の一つ一つから伝わってきて、N郎♪は感激。


斉藤まことさんは工藤由貴さん、立花里佐さん、石井明美さん、大西結花さん、千堂あきほさん、かとうれいこさん、野口五郎さん、チャゲ&明日香さん、中西圭三さん、相川翔さん、などのライブサポート、レコーディング、CM録音多数されてきた方。

ベースの音の入れ方やアレンジがね、こだわりに満ちていてホントプロフェッショナル。「Once」のベースの入れ方のサウンドに対するこだわりとか、サウンドを引っ張っていくみたいなかんじで、さすがでした。

ドラムの三橋さんは、杏里さん、田村英里子さん、小野正利さんなどのサポートをされ、インストラクターとしても活躍されている方。「こころ」のドラムとか、完璧なドラムアレンジで超ドラマティック。レコーディングされている様子を見ていて、やっぱりプロフェッショナルな方は違うわとJimmyちゃんともども感激。

プロフェッショナルな方々に囲まれて、四ツ谷のリハーサルの時から緊張ぎみのJimmyちゃん(笑)。「ハイビスカス」や「Once」でのギターフレーズがらしさを出してて、でも一番の期待は「グッバイ・グンナイ」、次回第二回にはギターの本録音なんで、魅せてくれると思います。

で、まさみちゃんのピアノ。前回の四ツ谷のリハーサルには参加できなかったまさみちゃん。当日の午前中に前リハを池袋のスタジオで二時間やって、曲に対するN郎♪の注文を伝えて意思統一できた甲斐あって、その音を聴くと、まさみちゃんのピアノの持ち味や良さが十二分でていて、非常によい出来。
「こころ」のコード進行がこれほどまでに美しいのかと思わせるピアノで、これまでのN郎♪ソングの中で最高に美しい曲に仕上がると思います。

20130526-1.jpg


で、なによりもやっぱり馬場さん、いつもの馬場さん全開で、みんなのために弁当かってきたり、キーボードの音が出なくなって、あっちこっち電話したり、馬場さんの人柄やらしさ全開の一日でした。そうなんだよね~、みんな馬場さんファミリーなんだよね。

そんな馬場さんの音楽活動にかける情熱はやっぱり凄い。お金になるわけでもないけど、夢を追っている。学ぶべきとこ、大な方です。


で、N郎♪(笑)

N郎♪の最大の魅せ場は・・・ズバリ 「ラベンダー」。「ラベンダー」がね、ちょっと失敗だったかと思いきや、その後自分で試しにギターやボーカルを入れてみて、ああ~まちがってなかたかもって思った。 「ラベンダー」、最高にアグレッシブでスリリングなサウンドになりそうだよ。

そんなみんなの努力やこだわり、気持ちを最大限に形にできるよう、いいアルバムつくんないとね。自分にかかってる。


死ぬほど忙しくブログ書いてる余裕もないけれど、2013年の5月ってN郎♪史に残る月になったかも。

・・・



●N郎♪公式ライブスケジュール

   6.10(月) 秋葉原・秋田犬(ソロ)
   http://www.akitainu-garage.com/
   6.17(月) 越谷・アビーロード(ソロ)
   http://abeyroad.jp/

●N郎♪音源サイト

  enurou music box
  N郎♪ MUSIC BOX

  N郎♪'S CAFE | myspace | Youtube | 速報板 | Twitter | バンドHP

メールでのお問い合わせは こちらへ


皆様の 応援クリック が当ブログのモチベーション。1日1回、ポチっとよろしくお願いします。
N郎♪ Youtube Happy へ にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
※コメントされるみなさまへお願い コメントは本文と直接関係のある内容のみをご記載いただけましたら嬉しいです。ご挨拶文など、本文と直接関係のない文言をコメントの中に入れますと、コメントできない場合がございます。
| ライブ活動日誌 | 03:27 | トラックバック:0コメント:2
自作詞の背景 「Fine Days Song」(3)
いつも応援ありがと~ にこっ                          N郎♪ Youtube Happy へ
「Happy N郎♪」 応援ポチっありがとう! 1900 を踏まれた方、おめでとうございます★次回超絶Happy は 2000 を踏まれる方(5.19 1916)

・・・

自作詞の背景 「Fine Days Song」(3)

(前回からの続き)

2013年5月7日早朝、JR九州・鹿児島本線の大牟田駅前から乗り合いタクシーに乗って、佐賀空港へと向かった。

朝一の飛行機で東京へ帰るため・・・。

まだ夜明け前、けだるい時間の中、有明海周辺の光景を眺めながらタクシーは有明沿岸道路を進んだ。



有明沿岸道路をyoutubeにアップされている方の動画


ゴールデンウィークの間に完成させようと思っていた 「Fine Days Song」 の歌詞は、何も完成していなかった。

次の日曜日、5月16日の夜は、馬場さんと、ミュージシャンのバンド人たちと、四ツ谷でリハーサルを行うこととなっていた。

佐賀空港に到着し、羽田行きの飛行機に乗り込み、飛行機は離陸し、高度を上げてノートパソコンを使ってもいい時間帯となった。


今だ・・・

そう思ってノートパソコンを開いた。


歌詞の元となる文を機内で一気に書きあげた。

ブログにみっちり書いてきたこと、
その内容に沿って、思っていることがスラスラ書けた。


書きながら、これはイケる、そう思った。

2番にあたる部分を書きながら、思わずグッときてしまった。

♪ 振り返り見える景色も、
♪ 同じようにゼロではないさ
♪ 生まれてきたこと、出会ってきた人、
♪ その意味を考えてみよう


ああ、こんな歌詞、まだ書けるんだ、そう思った。




5月15日、リハーサル前日の土曜日の夜、サンプル音源の制作を開始した。

アレンジ自体は過去にある程度出来ていたから、それに合わせてソフトに打ち込めばいい。

ドラムの音から打ち込みを開始した。

ギター片手にコード進行を再精査し、アレンジを一通り打ち込み、仮ギターを録音して、一眠りした後、5月16日朝、歌詞の精査に取り掛かった。

歌詞自体は今完成していなくてもよい。そんな軽い気持ちで、羽田に向かう飛行機の中で書いた歌詞の元ネタを、メロディーに合わせて精査し始めた。

歌詞は出来るだけ元ネタの文のままとし、仮ボーカルを録音した。その結果、メロディーと歌詞をかなり強引に結び着ける結果となったけど、逆にそれが新鮮さを与えて、いい感じになった。

1番を歌い、2番を歌い、これはイケる、そう思って、2番の後に展開部を入れることとした。

展開部に入れた歌詞はこんな歌詞。


♪ 夜明け前、有明沿岸道走る
♪ 久しぶりにいい歌が、書けそうな気がするんだ



午前中のうちにコーラスまで入れることが出来た。

昼過ぎ、音源を編集し、ミックスして、サンプル音源は完成。

ネットにアップし、本日のリハーサル、そして本録音に参加することになっているアウフヘーベンギタリストのJimmyちゃんにメールした。


バタバタとサンプル音源をCD-Rに焼き増し、家を出た。

18:30、JR四ッ谷駅前、Jimmyちゃんと待ち合わせして、馬場さんが押えていた四ツ谷のリハーサルスタジオへ。


Jimmyちゃんに加え、プロフェッショナルなバンドの方たちとリハーサルをしたのは6曲。


それぞれの曲で、セッションの前にサンプル音源を流して聴いてもらった。


「Fine Days Song」 1番の歌詞の出だしはこんな歌詞。

♪ 何一つ不自由なく育ってきた僕たちの世代、だけど
♪ 今、時代は、下り坂転げ落ちてゆくラプソディー


馬場さんはその歌詞を聞き、笑いながら 
「転げ落ちてけー、イイゾー!!(笑)」


そして展開部、N郎♪ボーカルはファルセットを多用し、超ハイトーンボイスに。
馬場さんはそれを聴いて大爆笑(笑)。

♪ 君に届けたい声~エ~エ~(アゲアゲ)

「Once」 のサビの ♪オーヤーヤーヤーのところも、馬場さんが最初に聴いた時には大爆笑だったんだけど、まさにそれこそがN郎♪の声の力、これはイケるって確信した。


サンプル音源がしっかりしていたのと、サウンドの輪郭が明確なこと、バンドの人たちのフィーリングと一致していたこともあって、「Fine Days Song」 は6曲中一番すんなりとリハーサルできた。




15年の月日が経って、このタイミングで、「Fine Days Song」 は自分が思っていたとおりの曲として完成した。

当初のサビの歌詞に加えて今回新たに書いた歌詞は、自分自身、十二分に納得の行く歌詞となった。


こんな曲が書けたこと、神さまに感謝・・・だよね。



自作詞の背景 目次




・・・

●N郎♪公式ライブスケジュール

   5.20(月) 越谷・アビーロード(ソロ)
   http://abeyroad.jp/
   6.10(月) 秋葉原・秋田犬(ソロ)
   http://www.akitainu-garage.com/

●N郎♪音源サイト

  enurou music box
  N郎♪ MUSIC BOX

  N郎♪'S CAFE | myspace | Youtube | 速報板 | Twitter | バンドHP

メールでのお問い合わせは こちらへ


皆様の 応援クリック が当ブログのモチベーション。1日1回、ポチっとよろしくお願いします。
N郎♪ Youtube Happy へ にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
※コメントされるみなさまへお願い コメントは本文と直接関係のある内容のみをご記載いただけましたら嬉しいです。ご挨拶文など、本文と直接関係のない文言をコメントの中に入れますと、コメントできない場合がございます。
| N郎♪ソング(自作詞の背景) | 02:08 | トラックバック:0コメント:0
自作詞の背景 「Fine Days Song」(2)
いつも応援ありがと~ にこっ                          N郎♪ Youtube Happy へ
「Happy N郎♪」 応援ポチっありがとう! 1900 を踏まれた方、おめでとうございます★次回超絶Happy は 2000 を踏まれる方(5.19 1916)

・・・

自作詞の背景 「Fine Days Song」(2)

(前回からの続き)

今回制作するCDに、「Fine Days Song」 を収録しようと閃いたはいいけれど、歌詞が完成していない。

前述したように、2008年に書いた歌詞には納得がいっておらず、しかも1番しか書いていないため、2000年ごろには決まっていたサビ以外の歌詞について、全面的に書き直さねば、そう思っていた。

しかし歌詞を書くという行為は、時にかなり苦労する行為であり、そして苦労したからといっていい歌詞が書けるわけではないことはこれまでの経験から良くわかっていること。さらに 「Fine Days Song」 は1度ならず2度、その歌詞を書こうとして挫折している曲。

なぜ挫折してしまうのかというと、サビの歌詞やメロディーが良ければ良いほど、それにふさわしい、いい歌詞を書こうと、歌詞を書くアプローチ方法を間違えてしまうから。



そうこうしているうちに、選曲を決定せねばならぬ時期に差しかかり、いろいろ考えた結果、やはり未完成の曲を収録するリスクはやめにして、完成している曲を収録しようと選曲を思い直し、「Fine Days Song」 の収録は取り止めることとした。


馬場さんにサンプル音源を聴いてもらった今年の2月、「Fine Days Song」は持って行かなかった。



その時の自分のイチオシは 「こころ」 だった。

馬場さんは選曲について、あと1、2曲持ってきてリハーサルでやってみようと話した。


その後、選曲を最終決定するため、自分で選んだ曲を想定している曲順どおりに並べて何度も聴いてみた。

・・・やはり何かが足りない、再びそう思い出した。


今年の 3月最後の日曜日、一日中そのことを考え続けた。



考え続けた結果、新しく曲を書こう、一旦そう決めた。

しかし家に帰る途中、思い直した。

いや、待てよ、あらたに曲を書かなくとも、当初入れるはずだった 「Fine Days Song」 を入れてみてはどうか?

家に帰って、以前作った 「Fine Days Song」 のサンプル音源を入れて曲順どおり聴いてみると・・・しっくりきた。

やはり 「Fine Days Song」 を入れよう。


そして今の自分にふさわしい歌詞、2013年の今の世の中の状況ににふさわしい歌詞を書こう、そう決めた。


この曲の歌詞を書こうとして過去に挫折してきた経験から、歌詞を書くアプローチ方法を変えようと思った。

今回取った手法は・・・・


まず自分が普段思っていること、考えていること、言いたいこと、それを徹底的に文書にして、そしてブログに公開しよう、そう考えた。


歌詞になるのはその中のほんの数行でしかない。

でも、その数行の背景にはこれだけの考えや思いがあるんだ・・・


自分がいいと思う歌詞はそんな歌詞。


(次回へ続く)



自作詞の背景 目次




・・・

今日のひとこと 「発想を転換し、アプローチ方法を変えてみよう」


●N郎♪公式ライブスケジュール

   5.20(月) 越谷・アビーロード(ソロ)
   http://abeyroad.jp/
   6.10(月) 秋葉原・秋田犬(ソロ)
   http://www.akitainu-garage.com/

●N郎♪音源サイト

  enurou music box
  N郎♪ MUSIC BOX

  N郎♪'S CAFE | myspace | Youtube | 速報板 | Twitter | バンドHP

メールでのお問い合わせは こちらへ


皆様の 応援クリック が当ブログのモチベーション。1日1回、ポチっとよろしくお願いします。
N郎♪ Youtube Happy へ にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
※コメントされるみなさまへお願い コメントは本文と直接関係のある内容のみをご記載いただけましたら嬉しいです。ご挨拶文など、本文と直接関係のない文言をコメントの中に入れますと、コメントできない場合がございます。
| N郎♪ソング(自作詞の背景) | 00:10 | トラックバック:0コメント:0
自作詞の背景 「Fine Days Song」(1)
いつも応援ありがと~ にこっ                          N郎♪ Youtube Happy へ
「Happy N郎♪」 応援ポチっありがとう! 1900 を踏まれた方、おめでとうございます★次回超絶Happy は 2000 を踏まれる方(5.19 1916)

5月、ウルトラ超絶多忙につき、振り返ってみればかつてないほどブログ記事書いてないね~ 過去最低記録を作っちゃうかも・・・。

仕切りなおして自作詞の背景シリーズ!

・・・

自作詞の背景 「Fine Days Song」(1)



Photo by 「月のつぶや記」

振り返ってみると、1997年~2000年ごろに作った曲、作りかけた曲って、今思うとかなりいい感じの曲が書けていたように思う。それ以前の曲作りからバージョンアップし、サウンド的によりポップで、よりメジャーな方向を目指して、工夫した結果だと思う。

・・・しかし残念ながら、そのあたりから自分の生活が変わってしまって、多忙に任せて曲作りから離れてしまった結果、それらの曲は未完成のまま、放置されてしまっている。


今回、馬場孝幸プロデュースN郎♪CDを制作するにあたって、選曲をどうしようか、数ヶ月前から考えていた。

馬場さんとも意見交換をしたり、N郎♪のことを良く知っている人たちからも意見を聞いたりしてきた。けれど、思わされたことは、自分のことは自分が一番良く知っている・・・ということ。

普段ライブでやっているような曲や、音源を公開している曲は、みんなよく知っている。けれど、ライブでやらないような曲や、冒頭で書いたように、作りかけたまま放置されている未公開の曲については、自分以外には誰も知らない。

未公開の曲の中にも、自分らしいと思えるいい曲がたくさんある。


今回のCDに収録する曲について、ひととおり選曲してみた後、自分が出したい音楽としてどうも足りない要素がある・・・そう気付いた。

その要素とは、ロックでもなければ、バラードでもない・・・。

いろいろ考えた結果、そうだ!!、「Fine Days Song」を入れよう!!そう閃いた。


「Fine Days Song」 とは、思い出すと 1998年ごろに浮かんだ曲で、いい感じのサビの歌詞とメロディーが浮かび、そしてナイスな前奏のフレーズが浮かび、これは!!と思って温め続けていた曲。


確か1999年ごろだったかと思う。当時渋谷駅から目黒青葉台方面に通っていて、渋谷駅から玉川通りの上り坂を毎日歩き、歩きながら 「Fine Days Song」 の歌詞やフレーズを考え続けていたことを思い出す。


しかし前述したように、曲作りから離れてしまった結果、「Fine Days Song」はサビ以外の歌詞が完成しないまま放置されていた。


その後、2007年からライブ活動を復活し、2008年 5月、秋田犬でのN郎♪&AKプロジェクトライブで 「Fine Days Song」 は初演奏された。


その時のライブレポート、アウフヘーベンベーシスト SAMMY の記事は以下。

SAMMYの永遠の一秒
N郎♪&AKプロジェクトライブin秋田犬(2008/05/28)


しかしそのライブで演奏するために書いたサビ以外の歌詞にいま一つ自分自身納得がいかなくて、 「Fine Days Song」 は再びオクラ入りしてしまうことに・・・。


(次回へ続く)


自作詞の背景 目次




・・・

今日のひとこと 「過去を捨てるのではなく、過去の自分を大事にするということ」


●N郎♪公式ライブスケジュール

   5.20(月) 越谷・アビーロード(ソロ)
   http://abeyroad.jp/
   6.10(月) 秋葉原・秋田犬(ソロ)
   http://www.akitainu-garage.com/

●N郎♪音源サイト

  enurou music box
  N郎♪ MUSIC BOX

  N郎♪'S CAFE | myspace | Youtube | 速報板 | Twitter | バンドHP

メールでのお問い合わせは こちらへ


皆様の 応援クリック が当ブログのモチベーション。1日1回、ポチっとよろしくお願いします。
N郎♪ Youtube Happy へ にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
※コメントされるみなさまへお願い コメントは本文と直接関係のある内容のみをご記載いただけましたら嬉しいです。ご挨拶文など、本文と直接関係のない文言をコメントの中に入れますと、コメントできない場合がございます。
| N郎♪ソング(自作詞の背景) | 23:17 | トラックバック:0コメント:0
小出裕章さん講演会 「原発事故後の現実を生きる」
いつも応援ありがと~ にこっ                          N郎♪ Youtube Happy へ
「Happy N郎♪」 応援ポチっありがとう! 1900 を踏まれた方、おめでとうございます★次回Happy は2000 を踏まれる方(5.18 1903)

以下、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんの講演会です。是非ご覧下さい。



2013.4.21 小出裕章さんのお話「原発事故後の現実を生きる」

・・・

今日のひとこと 「期限があるなら、気分を超えてやれてしまう」


前々回記事、みかげさん、 dora息子さん、7th-labさん、ご感想ありがとうございました。音楽と原発事故との関係・・・・を通り越して、原発事故と現在の日本社会に生きる有権者との関係、映像の中で小出さんが話されているように、原発事故の責任は実は現在の日本社会に生きる有権者すべてが責められる問題だと思います。音楽は関係ないとか、菅元首相ばかり批判して、原発事故の最大の原因を作った自民党政権や経済産業省を批判しない姿勢とか、そういった姿勢が実は原発事故の背景となっているということもよく考えるべきでしょう。

原発事故の被害を受けて、故郷を離れざるおえなくなってしまった人をかわいそうと思ったとしても、実はその原因を作った責任が自分自身にもあるということ認識できなければ、それは無責任とか、偽善とかいったたぐいで括られてしまうかもしれません。そうならないために、これからどうしていくのか、音楽に携わる人も、他と例外なく、考え、発言し、行動する以外にはないと、小出さんのお話を聞いてあらためて強く思いました。

モロモロありがとうございます。

すえさん、拙ブログってどこでしょう??異論って、安部政権の原発政策を批判されてるってことでしょうか??菅元首相のインタビューを聞かないままウチのブログでご高説を展開されたのは、ウケをねらってやった?っていう質問へのご返答、N郎♪ブログを愛するラブリーなみなさまが楽しみにしてますよ~

ストロベリーアンドラズベリーさん、ライブ楽しまれてようでよかったです。お会いできなくて残念でした。機会ありましたら是非遊びにいらして下さい!!そのうち関西訪問へもライブしに行きますんで、よろしくです!







●N郎♪公式ライブスケジュール

   5.20(月) 越谷・アビーロード(ソロ)
   http://abeyroad.jp/
   6.10(月) 秋葉原・秋田犬(ソロ)
   http://www.akitainu-garage.com/

●N郎♪音源サイト

  enurou music box
  N郎♪ MUSIC BOX

  N郎♪'S CAFE | myspace | Youtube | 速報板 | Twitter | バンドHP

メールでのお問い合わせは こちらへ


皆様の 応援クリック が当ブログのモチベーション。1日1回、ポチっとよろしくお願いします。
N郎♪ Youtube Happy へ にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
※コメントされるみなさまへお願い コメントは本文と直接関係のある内容のみをご記載いただけましたら嬉しいです。ご挨拶文など、本文と直接関係のない文言をコメントの中に入れますと、コメントできない場合がございます。
| ニュース・社会うんちく | 18:54 | トラックバック:0コメント:0
5.10 N郎♪ LIVE at 秋田犬 2013 vol.5
いつも応援ありがと~ にこっ                          N郎♪ Youtube Happy へ
「Happy N郎♪」 応援ポチっありがとう! 1800 を踏まれた方、おめでとうございます★次回Happy は1900 を踏まれる方(5.11 1845)


金曜日、秋田犬ライブでした。先週より超絶ウルトラ多忙につき、体力的にヘロヘロなライブだったけど、現地調達(笑)したスクオペアさんのカフォン、ピアノサポートでめっちゃ見どころ満載のライブでした、みんなありがとう!

20130510-1.jpg

5.10 N郎♪セットリスト(cajon スクオペア)
0. オープニング2013~パンデミック
1. 金曜日の夜に
2. 星降る夜と風吹く朝に
3. 幸福~その永遠なるパラドクス
4. ラベンダー
5. Once (pf.スクオペア)
6. グッパイ・グンナイ


ノープランで秋田犬いったんだけど、着いてみたら、対バンした福島史華さんのピアノ担当でN郎♪のピアノもお願いしたことのある松本俊平さんもいるし、いちゃりばでおなじみのスクオペアさんもいるし、おお!!って思って、急遽、スクオペアさんにカフォンとピアノのサポートお願いしました。

でね、スクオペアさんにカフォンがこれまた超絶ナイスで、N郎♪ギターとの一体感でサウンド超強力に。

さらには「Once」のピアノ、超ゴージャスな絶賛ピアノアレンジで「Once」大好評でした。

めっちゃみどころ満載となった今回のライブだったんだけど、なんと、映像撮影忘れにより、ダイジェスト映像はお休み(笑)

残念だったね~

というわけで、次回 6月10日(月)のN郎♪秋田犬ライブにて、引き続きスクオペアさんにサポートお願いしました。その日は韓国からもアーティストがツアーに来るらしく、めっちゃおもしろそうな日になりそうです。6月10日(月)秋田犬、是非ご期待下さい★


ついでに先週のいちゃりばセットリスト

5.1 いちゃばN郎♪セットリスト
1. グッパイ・グンナイ



ラジオフォーラム&報道するラジオ、以下面白いです。是非お聴き下さい。


ラジオフォーラム#16 北朝鮮からの脱北者が語る日本への思い


20130503 報道するラジオ「憲法記念日~改憲でどうなる?本当のところを探ります」


20130510 報道するラジオ「デモ参加で逮捕~憲法の表現の自由を考える」



・・・

今日のひところ、コメントお返事、しばしお待ち下さい。


●N郎♪公式ライブスケジュール

   5.20(月) 越谷・アビーロード(ソロ)
   http://abeyroad.jp/
   6.10(月) 秋葉原・秋田犬(ソロ)
   http://www.akitainu-garage.com/

●N郎♪音源サイト

  enurou music box
  N郎♪ MUSIC BOX

  N郎♪'S CAFE | myspace | Youtube | 速報板 | Twitter | バンドHP

メールでのお問い合わせは こちらへ


皆様の 応援クリック が当ブログのモチベーション。1日1回、ポチっとよろしくお願いします。
N郎♪ Youtube Happy へ にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
※コメントされるみなさまへお願い コメントは本文と直接関係のある内容のみをご記載いただけましたら嬉しいです。ご挨拶文など、本文と直接関係のない文言をコメントの中に入れますと、コメントできない場合がございます。
| 伝説の現在進行形 秋葉原・秋田犬 | 13:34 | トラックバック:0コメント:0
「全てでもなく、またゼロでもない。」
いつも応援ありがと~ にこっ                          N郎♪ Youtube Happy へ
「Happy N郎♪」 応援ポチっありがとう! 次回Happy は1800 を踏まれる方(5.1 1756)

前回記事、みかげさんの制作された音楽映像 「いま何処~連れて帰りたい棚倉へ~」 、予想以上にご感想いただきみなさまありがとうございました。

白坂さんの詩の舞台となり、映像で取り上げられた福島県の飯舘村。その南側には浪江町の津島地区があり、原発事故直後、多くの人たちが避難してきました。

MBS「報道するラジオ」4月12日放送分では、避難してきた人たちを受けれた方のインタビューが放送されましたが、以下、その時の様子、是非お聞きいただきたいと思います。03:00ごろからです。



津島地区は安全と、多くの人たちが避難してきました。しかし 3.11の翌日、12日の午後、みたこともない白い防御服を着た方が・・・

「ここは危ない、放射線量が高いんだ」
「危ない、頼む、逃げてくれ!!頼む、頼む」

20130430-1.jpg


以下、関連して福島民報の記事、まさにその当時の浪江町津島地区の模様が記載されています。
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/12/post_2755.html

上記記事の中で、問題となっている SPEEDI について、3月13日に福島県はファックスで情報を受け取っていたが公表を見送ったことが記載されています。国についても、試算が不正確で誤解を招くとして公表を見送ったことが記載されています。

以前紹介した菅元首相のインタビューの中で、菅元首相は SPEEDI に関して、原子力安全委員会の専門家は、最初にどれだけの量が出たかわからないため当てにならないと述べたと話し、菅元首相はその見解に疑問持ったと述べていますが、これらから推測するに、当時の原子力安全委員会=原子力ムラは SPEEDI の公表に対し、足を引っ張り続けたと解釈するのが妥当だと思います。

菅元首相はその後、浜岡原発を停止し、原子力ムラを解体しようと動いて、逆に首相の座を引きづり落とされる結果となりました。

ニュースを追っていくと、その後、恐るべき記事にぶち当たります。

以下。


 原子力防災指針の改定を検討している内閣府原子力安全委員会の作業部会は18日、原発事故で住民の避難判断をする際、放射性物質拡散予測システム「SPEEDI(スピーディ)」は信頼性が低いため使わず、実測した放射線量などをもとに判断するという見直し案をまとめた。

 「スピーディの予測は不確実性が大きく、緊急時の活用は困難」というのが見解。「予測情報が提供されていれば、より適切な避難経路などを選ぶことができた」とする政府の東京電力福島第一原子力発電所事故調査・検証委員会の中間報告書(昨年12月)の指摘と対立するもので、議論を呼びそうだ。

 現行の原子力防災指針では、「スピーディの情報や事故状況などを基に、50ミリ・シーベルト以上の被曝ひばくが予測される場合に、避難指示を出す」となっているが、実際の住民の避難指示には活用されず、批判されていた。

(2012年1月18日11時37分 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120118-OYT1T00416.htm


マジすか・・・ 

わかりやすく解説すると、福島第一原発事故当時に、原子力防災指針に反して SPEEDI の情報を公開せず批判の的となったため、SPEEDI はあてにならならいと後から理由付けして、今後は SPEEDI は活用しないように原子力防災指針を変えてしまうという案・・・原子力ムラ、やりたい放題ですね。

その後、原発再稼動、自民党政権に戻り再び原発容認に戻りつつあるこの現状。


だんだん書いていて頭がいたくなってきましたが、まぁ、みなさんに言いたいことは、こまめにニュースを追いましょうということですかね。

N郎♪もこれまでさんざん種蒔きジャーナルとか、報道するラジオとか、ラジオフォーラムを取り上げてきましたが、今回みかげさんの行動力が成しえた映像のおかげで、点と線がつながりました。


いや、しかしここで書いているびっくりするようなことは、一般の人にはその問題点がなかなか伝わらないと思います。感覚的に原発反対とかは多くの人が思っていることだと思いますが、実際にどんなことが行われているのか、なぜ SPEEDI がキーワードとなっているのか、追わないとわからない・・・・


しかし思うんです、 SPEEDI も大事かもしれないけれど、そもそもの事故原因とか、以前書いたようにかつての自民党政権下で行われていった安全ガイドラインの撤廃の構図など、もっと根本的な部分を追求しなきゃならないと。

もっともっと突き詰めるなら、原発の存在そのものについて。

さらにつきつめるなら、この国の政治や経済、社会のあり様について。

そしてもっとつきつめるなら・・・

結局のところ戻ってくるところは、一人ひとりの人間なんじゃないか?

そう考えると、音楽であれ、コミュニケーションであれ、思想であれ、哲学であれ、そのどれもが一人ひとりの人間に関わってくる要素であるわけであって、前回記事の中の言葉に戻るとすると、


「音楽で世の中は変えられない」

・・・という言葉に対しては、

「いや、音楽も間違いなくその要素の一つだ」

そう、答えるのが真理をついてるんじゃないかって思う。


みかげさんの映像を観ればわかるでしょ?


音楽は全てでもなく、またゼロでもない。同じように、自分たちが接している文化の一つ一つが、全てでもなく、またゼロでもない。


もし今、自分の信念に従ってやられているものについて、迷いや疑問を持たれている方がいたとしたら、この言葉を・・・

今日のひとこと

「全てでもなく、またゼロでもない。」


・・・

前回記事、風露草さん、てのりぱんださん、愛希穂さん、そしてみかげさん、ありがとうございます。また、メールをいただいたみなさま、ありがとうございます。みかげさんの行動力に拍手(パチパチ)、みんさんのご感想に拍手(パチパチ)

ちょっとみかげさんのことをみなさんにご紹介すると、2010年8月、いわき田人で野外ライブ(田人ウォーク289)をした際、みかげさんはメリアンさんつながりで田人ウォークに参加し、そして震災前の福島の青空の下、「Once」 を客席から一緒歌って、感動いただき、今に至ってます。

馬場さんのマンデーミュージックでも常連のメッセンジャーでしたね(ちょっと今はお休み中みたいですが(笑))

今年は、まさみちゃん演奏 「Once」ピアノインストで使用させていただいたお写真により、N郎♪ブログをご覧いただいている多くの人に感動を与えて下さりました。

N郎♪を大いにご支援し続けて下さっているステキな方です。

以下、みかげさんのHP

http://www.geocities.jp/shocksport/

自然を中心に、センスあふれるお写真いっぱい。そして圧倒的な活動力!



●N郎♪公式ライブスケジュール

   5.10(金) 秋葉原・秋田犬(ソロ)
   http://www.akitainu-garage.com/
   5.20(月) 越谷・アビーロード(ソロ)
   http://abeyroad.jp/

●N郎♪音源サイト

  enurou music box
  N郎♪ MUSIC BOX

  N郎♪'S CAFE | myspace | Youtube | 速報板 | Twitter | バンドHP

メールでのお問い合わせは こちらへ


皆様の 応援クリック が当ブログのモチベーション。1日1回、ポチっとよろしくお願いします。
N郎♪ Youtube Happy へ にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
※コメントされるみなさまへお願い コメントは本文と直接関係のある内容のみをご記載いただけましたら嬉しいです。ご挨拶文など、本文と直接関係のない文言をコメントの中に入れますと、コメントできない場合がございます。
| ニュース・社会うんちく | 01:55 | トラックバック:0コメント:4
| ホーム |

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

● プロフィール

N郎♪

Author:N郎♪
秋葉原秋田犬、越谷アビーロード他、都内、埼玉のライブハウスにてソロライブ展開中。他にロックバンド・アウフヘーベンのボーカリストとして活動。レギューラー番組、ぷち FM897 すみだリヴァー 毎週木曜 22:00~『N郎♪ ON AIR ラベンダーな夜』
メールお問い合わせはこちらまで。

● 記事一覧
ありがとう2016 ~ Think and Carry out & 夏泊半島


2014/1/25発売 Newアルバム



馬場孝幸プロデュース作品
57分 ZA-10040   zarya misic community
税込価格 1,500円  2014.1.25 発売
Fine Days Song 特設サイト(購入方法など)
+ Amazon.co.jp
+ TOWER RECORDS ONLINE
+ アイズコレクション
+ 紀伊國屋書店ウェブストア
+ 楽天各店

● Twitter 公式速報

● 最近の記事
● 最近のコメント
● リンク

● カテゴリー
● 月別アーカイブ

● 旧ブログアーカイブ
RSSフィード
QRコード

QRコード

ブログ内検索