この広告なんの広告?・・・・ああ、そうか~ | main | 芸を極めるということ(3)
芸を極めるということ(4)
いつも応援ありがと~ にこっ               ブログ村音楽活動部門へ

おかげさまでブログ村3冠継続中&音楽総合2位継続中です。応援いただいているみなさま、ありがとね★

(前回からの続き)

前々回の記事にいただいたコメントをご紹介。

LMさんより


“声”についての想い‥
ちょっとドキッとしました。私も“声がいいですね”って簡単に言ってしまうから(*_*)

ちょっと言い訳がましいですけど…
初めて聴いたときとき、なんていい声なのかなって(^.^)
そして、歌詞を全部知りたいな、曲名を覚えたいなって
そしてもう一度生で聴きたいなって…

良い声という表現しか出来なくても、メッセージはなにかしら伝わり、心に響くものだと思います。

先ず声が良くなければ、聞く人の胸にストンとメッセージが残りません。
小さなお子さんが言った“神様の声”まさに至言だと思います。
メッセージに耳を傾ける為の大切な音源。声
そして楽器。MC、ニコっと笑顔!

たとえ“ダイレクトに自分に跳ね返ってこなくても、伝わって”います!(^_-)-☆


確かにおっしゃるとおり、「声」というのはメッセージを伝える上で強力な武器であることに違いはなし。メッセージを感じ取る脳と、「声」の魅力を感じる脳は別々なんじゃないかと思います。

そして、どっちがどうではなくて、人の生理として、「声」の魅力を感じる脳のほうが自然な人の方が多いのかも。自分も 「声」 の魅力に対してはうるさく、よい声には魅力を覚えるし、そうでない声であるなら、なぜもっとボーカルや 「声」 を大事にしないのだろうって思います。

秋田犬の福島史華さんはとても魅力的な声=ボーカルの持ち主。別格だと思います。以下、昨年の福島史華さんのレコ発ワンマンライブより。





ピアノは昨年N郎♪のサポートもいただいた松本俊平さん、そしてギターは馬場孝幸さん。

自分が福島さんを評価するときには何よりもまず、一番にその「声」 を評価します。もちろん福島さんは人としても大変素晴らしい方で、歌詞も曲も素晴らしく、そして美しい方です。しかしやはりその「声」 を評価します。

それと同じように、N郎♪の「声」 について評価いただてきた方々は、その「声」は別格であるといいたいのだと思います。その別格さは、歌詞や演奏や、メッセージを超えてまでも別格であるということを表しているのではないかって思います。

さらに、「声」とはつまり生まれながらの声自体のことではなく、ステージで聴いた「声」=「ボーカル表現」であるというのが実態だと思います。

その証拠に、普段話していて 「声」がいいですね、そういわれることは・・・ない。そのこと自体はボーカリストとしてどうなのよ? ということではあるけれど、「声」 を評価されているということは、「ボーカル表現」を評価されていることと等しいことを証明している。

「ボーカル表現」を評価されるなら、それは自分にとって間違いなく誇るべきことであり、自分が大事にしてきたこと、その一つです。

今度から、ステージ後に「声」を評価されたなら、それは「ボーカル表現」を評価されたと解釈することにしようかな。





そして あやここ みくろさん からいただいコメント


声についての想いになんかとても考えさせられました

たしかに私も実際に声を聴いていいなあということで その人の曲が気になって聴いてみたりするのがよくあることだけど、こうして考えると本当に大切なのは、その曲に込められたメッセージ、その人自身の想いであるんですよね

私ももうすぐ大学生になるんですけど
出来たら軽音に入ってバンドを組もうかと考えてて
最初はエレクトーンにしようかと(もともと習ってたので)でも、今実際はボーカル考えててでもずっと考えてたんです、ずっと不安に思ってたのは 自分の歌声に自信がないということに
歌うことはすごく好きなのに

でも、実際周りの評価を取るのはやっぱり歌声なのかもしれないけど、この記事をよんでたとえ私の歌声に自信がなくても周りの聞いてくれる人たちに歌に対する想いを届けたいという意思が伝わればなにか変ることもできるのかな・・・って思ってきた気がします

この記事をよんで改めて音楽について考えさせられ 感動させられました!人に想いを伝えることのできる音楽って本当にすばらしいなあって改めて実感させられました++


「声」 よりも 「想い」 が大事・・・

まさにそのとおりだと思います。音楽も、声も、表現者にとって実は二の次なんだって思います。表現者が一番大事にすべきこと・・・それは伝えたい 「想い」 だと自分も思います。

「想い」 があるからこそ、音楽や声が必要なのであって、「想い」 も何ももなく音楽や声があったって、本当の感動はそこには存在しえないことでしょう。

「想い」 があるなら、歌うべき。

そう思います。自分の声で。

たとえ今の自分の声やボーカルに魅力がないと感じていていたとしても、声やボーカルも「芸」のため、「芸」として研究を続けていくならば、必ず上達します。

自分で書いた歌詞は自分で歌うのが一番。なぜならそこに込められた想いは、自分自身のものだから。

それを他人に歌わせたり、人の書いた歌詞を歌ったりするならば、アーティストとしての醍醐味や魅力は半減するといっていいでしょう。

観る側は、その人を見たいのであり、それがシンガーソングライターなり、ソングライターボーカリストなりの最大の魅力であると思います。

正直、ステージで、ステージに立つ人が、だれか他人の作った歌を歌っているのを観たりするとガッカリ。しかも有名な歌であるなら、カラオケで歌っていればいいと思うし、そんなものは観たくない。自分は、その人を見たい、その人が真摯に考えて書いた歌詞を聴きたい、その人自身の声で聴きたい。それだからこそ価値があると思います。

女性が作った歌を、男性に歌わせたり、逆に男性が書いた歌詞を女性が歌ったりするのも、そこにウソが見えるから、その程度のものにしか聴こえない。リアリティもなにもない。

だからこそ、表現者は、自分で真摯に書いた歌詞を、自分で真摯に歌い、自分で真摯に表現すべき。そこにこそ・・・いや、それのみ、アーティストとしての価値があると自分は思います。


あやここ みくろさん、是非がんばって下さいね。


・・・

●N郎♪公式ライブスケジュール

   2.2(土) 春日部(午後)
   2.7(木) 秋葉原・秋田犬 (ソロ)
   http://www.akitainu-garage.com/
   2.25(月) 越谷・アビーロード(ソロ)
   http://abeyroad.jp/

●N郎♪音源サイト

  enurou music box
  N郎♪ MUSIC BOX

  N郎♪'S CAFE | myspace | Youtube | 速報&ひとこと | Twitter | バンドHP

メールでのお問い合わせは こちらへ






皆様の 応援クリック が当ブログのモチベーション。よろしくね~
(1日1回、どれか一つだけでOKです)
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ  にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
関連記事
| N郎♪こだわりのボーカル | 21:15 | トラックバック:0コメント:1
コメント
芸術。
難しいですね。
数学のような明快な答えがあるモでなし。

ただ、声も、思考&思想も、演奏技術も、
全て揃ってこそのN郎♪さんと思います。

それぞれが、影響し合って、魅力を増幅させて、
人々を魅了させてくれている。
導入部は、確かに、声が多いかもしれませんが、
それだけでは、人は付いて来ないと思います。
2013.01.27 Sun 23:19 | URL | sauninko
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://enurou.blog96.fc2.com/tb.php/1159-7085e5ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

● プロフィール

N郎♪

Author:N郎♪
秋葉原秋田犬、越谷アビーロード他、都内、埼玉のライブハウスにてソロライブ展開中。他にロックバンド・アウフヘーベンのボーカリストとして活動。レギューラー番組、ぷち FM897 すみだリヴァー 毎週木曜 22:00~『N郎♪ ON AIR ラベンダーな夜』
メールお問い合わせはこちらまで。

● 記事一覧
ありがとう2016 ~ Think and Carry out & 夏泊半島


2014/1/25発売 Newアルバム



馬場孝幸プロデュース作品
57分 ZA-10040   zarya misic community
税込価格 1,500円  2014.1.25 発売
Fine Days Song 特設サイト(購入方法など)
+ Amazon.co.jp
+ TOWER RECORDS ONLINE
+ アイズコレクション
+ 紀伊國屋書店ウェブストア
+ 楽天各店

● Twitter 公式速報

● 最近の記事
● 最近のコメント
● リンク

● カテゴリー
● 月別アーカイブ

● 旧ブログアーカイブ
RSSフィード
QRコード

QRコード

ブログ内検索