おNewな鍵盤 | main | 「自由」っていうことの価値
ポケモン映画の成績から考えるエンターテイメントの方向性
先月から毎週気になっている統計がある。ポケモン映画の観客動員数だ。今年のポケモン映画「ディアルガVSパルキアVSダークライ」は、10作品記念ということで、テレビ東京なども力を入れ、映画の前売り券が前年の倍以上売れた。興収も50億に達するのではないかとも言われている。

9月に入り、そろそろ結果が見えてきたころなのだが、その数字を見て、意外に伸びてないな~と思った。興収はギリギリ50億に達しないのではないかと思われるが、それよりも注目しているのは観客動員数だ。9月5日時点で450万人という数字は、過去5年間の中ではまちがいなくトップであり、今年の日本映画のトップクラスの数字となるであろうが、しかし1998年の第1作(654万人)、翌年の第2作(560万人)の数字には及びそうになく、かろうじて2000年の第3作(460万人)の記録を抜くかといった程度だ。

●参考サイト)ポケモン映画の成績

あれだけテレビで宣伝して、おもちゃ売り場ではスペースを拡大し、食べ物から何からキャラクター商品が氾濫して、任天堂DSのゲームの人気もありながら10年前の記録に及ばないのは一体なぜなのだろうと考えてみた。

・・・多分その一番の理由は子供人口が減っているからではないかと推測される。いくら小学生にポケモンの人気があったとしても、小学生自体の数が少なくなってしまえば過去の記録に及ばないのは必然だ。

ウラをとろうと思い、統計情報を調べてみた。0歳~14歳までの年少人口について、最初のポケモン映画が公開された1998年は1906万人であったのに対し、今年7月時点では1734万人にまで減っている。年少人口について1割減少しているわけだが、この影響は大きいのではないだろうか。

●参考サイト)日本の統計-第2章 人口・世帯

もう一つ気になる要素がある。映像や音楽など、映画のクオリティーについては間違いなく現在のポケモン映画の方が10年前の映画よりクオリティーは高いのだが、逆に第1作に見られたような内容面での哲学的要素は薄くなっており、子供向けのわかりやすさに特化され、それが逆に世代を超えて広がらない要素になっているのではないか? つまり、映画を観た観客の評判が、世代を超えて更に別の観客を呼ぶという二次現象は発生しておらず、閉じられた世代の中でしか受け入れられていないのではないかということだ。ポケモン映画第1作「ミュウツーの逆襲」は特別であったと思うが、そこらへんが意外に伸び悩みの原因となっているのではないかと睨んでいる。

ちなみに日本映画の興行収入歴代第一である宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(2001年)について、観客動員数は2340万人であった。今年のポケモン映画の5倍だ。

●参考サイト)「千と千尋の神隠し」関連ニュース

ポケモンと同じアニメーション映画で、エンターテイメント映画でありながら、「千と千尋の神隠し」は全ての世代に深く訴えかけ、世界で評価された映画であることを考えると、来年以降の作品が目指すべき方向性は自ずから見えてくるように思える。これはポケモンばかりではなく、レンジャーもライダーも同様だと思う。基本はエンターテイメント、しかし世代を超えて深く考えさせられる・・・そこらへんがポイントなんじゃないかな。



関連記事)ポケモン人気とゲキレンジャー&電王の低落


関連記事

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

| 未分類 | 00:35 | トラックバック:0コメント:2
コメント
子供向けであることを意識すると……
ポケモン自体は見ていないのですが、戦隊にしても、仮面ライダーにしても、ターゲットが子供であるということを意識すると、とたんにストーリーの質が落ちるような気がします。

もちろんメインターゲットを子供に据えても間違いではないでしょう。でも昔のウルトラマンや仮面ライダー、ゴレンジャーは、ターゲットは子供向けでもあったかも知れませんが、作り手が自分たちが面白いものを作りたいという意識のほうが先行していたような気がします。

子供であることを意識するのは、レイプシーンをださないとか暴力シーンを激しくしないというところで思い出せばいいのではないでしょうか。

自分の子供を見ていると、「菊次郎とさき」や「ドリフ」のDVDをみて大笑いして、楽しんでいます。これらの作品のメインターゲットは子供ではなかったはずです。

そう言うところから考えると、子供は思いの外、大人なのではないかと感じます。作り手が考えている子供と実際の子供に相当なギャップがあるのではないでしょうか。
2007.09.15 Sat 22:30 | URL | Gazul
Re:Gazulさん
おっしゃるとおりですね。子供が理解できると大人が定義している前提自体を疑ってみる価値があると思います。それに加え、子供への直感的なおもしろさプラスなにかしらのテーマあれば、広い層に受け入れられると思うんですよね。今のポケモンは、子供だけのものというカラから脱却できないように思います。それは大人が勝手に規定していることですよね。

2007.09.16 Sun 02:32 | URL | N郎♪
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://enurou.blog96.fc2.com/tb.php/118-e6cf9851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

● プロフィール

N郎♪

Author:N郎♪
秋葉原秋田犬、越谷アビーロード他、都内、埼玉のライブハウスにてソロライブ展開中。他にロックバンド・アウフヘーベンのボーカリストとして活動。レギューラー番組、ぷち FM897 すみだリヴァー 毎週木曜 22:00~『N郎♪ ON AIR ラベンダーな夜』
メールお問い合わせはこちらまで。

● 記事一覧
ありがとう2016 ~ Think and Carry out & 夏泊半島


2014/1/25発売 Newアルバム



馬場孝幸プロデュース作品
57分 ZA-10040   zarya misic community
税込価格 1,500円  2014.1.25 発売
Fine Days Song 特設サイト(購入方法など)
+ Amazon.co.jp
+ TOWER RECORDS ONLINE
+ アイズコレクション
+ 紀伊國屋書店ウェブストア
+ 楽天各店

● Twitter 公式速報

● 最近の記事
● 最近のコメント
● リンク

● カテゴリー
● 月別アーカイブ

● 旧ブログアーカイブ
RSSフィード
QRコード

QRコード

ブログ内検索