ジョン・レノンが殺された意味(11) 自粛された「イマジン」 | main | 久間防衛相の発言を非難する政治家たちの欺瞞性
中日新聞・東京新聞取材班 『テロと家族』
テロと家族 テロと家族
中日新聞東京新聞取材班 (2002/09)
角川書店

詳細を見る

最近読んだ中で最も重く、そして辛い内容であった。本書をめくるたびに鎮痛な気持ちとなり、深刻な気持ちにならざるおえなかった。しかし本書がより多くの人に読まれることを切に願う。

9.11米中枢テロの犠牲者となった被害者家族、そしてそこから派生していったアフガニスタン空爆、パレスチナ、イスラエルと、家族を殺され、絶望的な状況のまま人生を破壊されていった多くの家族の悲しみと怒りの声を取り上げていったものだ。2002年に中日新聞・東京新聞に連載された内容に加筆されたもので、連載当時の反響は大きかったという。

日本編、ニューヨーク編、アフガン編、中東編の四部構成となっている。9.11の直接の犠牲者となった日本人家族、逆に9.11から派生したヘイトクライムにより一家の大黒柱を殺された米国のパキスタン人家族、米国の空爆により、家族の大半を失い、五体を欠落されて残されたアフガニスタンの家族、タリバンの兵として殉教者攻撃に向かう息子を持つ家族、9.11の容疑者とされながら消息を絶った息子の無実を信じるアラブの家族、イスラエル兵の殺戮に目の前で息子を殺されたパレスチナの家族、そして最後は逆に家族を殺され、日々怯えて暮らすイスラエルの家族・・・。

敵・味方、殺す側の国・殺される側の国といった枠組みを超え、家族の大切さ、家族の絆は変わることがない。9.11にWTCに飛び込んだジェット機の乗客として、妹と母を失った米国の家族の次の言葉がすべてを言い表していると思う。

「私が一番愛し、信じているのは家族です。テロリズムは、家族の愛までは壊せない。そしてテロリストにも、アフガニスタンの犠牲者にも、みんな家族がいる。彼らだってそれぞれ家族の一員だと気づいたんです」

本書を刊行した中日新聞・東京新聞取材班には最大の賛辞を贈りたい。このような企画、取材こそが本来のジャーナリズムのあるべき姿ではないかと思うのだ。日本のジャーナリズムが死に絶えたわけではないということを雄弁に物語っていると思う。


関連記事
| 911、そしてそれからの世界 | 23:59 | トラックバック:2コメント:2
コメント
911
このテーマを執筆する人々の多くは、実際にこの事で自分の家族を失ってはいない。 事件に遭遇していたら書けないでいるでしょう。きっとまだ。  家族を失う痛みと絶望感は、どんな言葉にも置き換えられない壮絶なものです。 日本に籍を置く人の「しょうがない発言」に、わたしの体内時計は止まりました。 一瞬で人生が変わるなんてあってはなりません。妊娠中の嘔吐や目眩、輸血を要する長時間分娩・・・“人”の始まりは笑顔で語れる程簡単ではありません。だからこそ『大切で』、どうしても『大切に』されなければなりません。 もう何十冊も読みましたがこの本はまだ出会っていません、読んでまた来ます。
2007.07.06 Fri 01:22 | URL | aki
Re:911
この本は本当に重いです。読んでいて辛くなる内容だと思います。でも、それだからこそ現実を直視すべきだと思います。多くの人に読んでもらいたいと思います。再度書きますが、この本の企画、視点、取材対象の選び方には本当に感心します。



2007.07.06 Fri 02:01 | URL | N郎♪
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://enurou.blog96.fc2.com/tb.php/92-83175b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
キューマ危機!
キューマ危機うまいこと言う人もいるんだなぁ・・・とニュースを見ていて感心してしまいました。久間前防衛相の「しょうがない発言」からぐずぐずしながら昨日の「辞任」そして小池百合子新防衛相着任のスピード人事までの一連の事件をそう名づけたみたい。小池百合子さんの
| もうすぐ40!?無職の女物語 | 2007.07.05 Thu 02:21
アフガニスタンアフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、西アジアの内陸に位置する多民族国家。首都はカブール。17世紀にパシュトゥーン人が開いたドゥッラーニー朝をもとに形成された国家であるが、パシュトゥーン
| 『世界の国々』 | 2007.07.29 Sun 10:45
| ホーム |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

● プロフィール

N郎♪

Author:N郎♪
秋葉原秋田犬、越谷アビーロード他、都内、埼玉のライブハウスにてソロライブ展開中。他にロックバンド・アウフヘーベンのボーカリストとして活動。レギューラー番組、ぷち FM897 すみだリヴァー 毎週木曜 22:00~『N郎♪ ON AIR ラベンダーな夜』
メールお問い合わせはこちらまで。

● 記事一覧
ありがとう2016 ~ Think and Carry out & 夏泊半島


2014/1/25発売 Newアルバム



馬場孝幸プロデュース作品
57分 ZA-10040   zarya misic community
税込価格 1,500円  2014.1.25 発売
Fine Days Song 特設サイト(購入方法など)
+ Amazon.co.jp
+ TOWER RECORDS ONLINE
+ アイズコレクション
+ 紀伊國屋書店ウェブストア
+ 楽天各店

● Twitter 公式速報

● 最近の記事
● 最近のコメント
● リンク

● カテゴリー
● 月別アーカイブ

● 旧ブログアーカイブ
RSSフィード
QRコード

QRコード

ブログ内検索